• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

登山家やキャンパーや自らの経験をもとに作成しました。誰もが口を揃えて言うのは、「寝袋(シュラフ)だけはお金をかけて良い物を揃えるべき」ということ。環境が苛酷になればなるほど、寝袋の持つ重要性が増していきます。冬山あるいは高山でのキャンプでは、寝袋の性能が命に直結します。それほど過酷な環境でなくとも、シュラフの性能によって、それが快適な良い旅になるかツライ旅になるかが左右されます。

このHPを通して、みなさまの用途にあった「しっかりと疲れがとれて、夜寝るのが楽しみになるような寝袋」を見つけて頂けたらうれしいです。

寝袋の無料診断

◎ 特集

【2月上旬高尾山】枝や葉の上の雪が解け、雫が雨の用に降り続いていました 2月3日、土曜日。夫婦で高尾山を登ってきました。 2日前に関東全域で雪が降ったため、登山にいけるかどうか(前回、1月の大雪で高速道路が封鎖された)と思っていましたが、問題なく高尾山まで車で移動す...
『 【2月上旬高尾山】枝や葉の上の雪が解け、雫が雨の用に降り続いていました 』の続きを読む

金時山登山、快晴の中、雄大な富士山の姿が見えました。 兄に誘われ、兄弟で金時山を登ってきました(^^) 天候良く、快晴の中、富士山を望むことができました。   今回は、公時神社の横の駐車場に車を停め、 [公時神社(きんときじんじ...
『 金時山登山、快晴の中、雄大な富士山の姿が見えました。 』の続きを読む

大雪3日後の高尾山へ。6号路を登り山頂から鮮明な富士山が見えました。 仕事の打合せで、八王子に滞在したついでに、高尾山に登ってきました(^^) ご存知の通り、3日前に関東全域に大雪が振りました。そのため、高尾山周辺にはまだまだ積雪がありました。   ...
『 大雪3日後の高尾山へ。6号路を登り山頂から鮮明な富士山が見えました。 』の続きを読む

穂高神社奥宮、明神池からスノーシューで梓川右岸を歩く(2日目) 8:30 昨日は、梓川の左岸側を歩いてきたので、今日は右岸側を歩きます。 小屋の主人が道が埋まらないようにと、ランドクルーザーで何度も往復した道も、昨夜からの降雪でだいぶ埋まってしまいました...
『 穂高神社奥宮、明神池からスノーシューで梓川右岸を歩く(2日目) 』の続きを読む

上高地で唯一冬期営業の山のひだやは、登山・スノーシュー・アイスクライミングの憩いの拠点 現在、上高地で唯一営業している山のひだやさん。(事前予約必要)   煙突から出る煙が、なんだか安心感を与えます。   今日の宿泊者は、私と野中ガイドの2人だけの...
『 上高地で唯一冬期営業の山のひだやは、登山・スノーシュー・アイスクライミングの憩いの拠点 』の続きを読む

1月上高地-穂高神社奥宮の明神池、1泊2日スノーシューガイドツアーの下見の体験記 2018年1月10-11日の1泊2日小屋泊のスノーシューツアーの下見に同行してきました。 ネイチャーガイドリス代表の野中ガイドから、昨年末に「参加者の方から冬の上高地スノーシューツアーを企画して...
『 1月上高地-穂高神社奥宮の明神池、1泊2日スノーシューガイドツアーの下見の体験記 』の続きを読む

安曇野の穂高神社。男女2体の道祖神、内陸でありながら海神を祀る不思議な神社 明日から上高地のスノーシューツアーに参加することになり、急遽、移動ルート付近になる安曇野の穂高神社を参拝してきました。   穂高神社は、安曇野という海から離れた内陸にありながら、海と...
『 安曇野の穂高神社。男女2体の道祖神、内陸でありながら海神を祀る不思議な神社 』の続きを読む

12月筑波山、疎らな登山者、澄み切った青空、元気な紫峰杉 いつものように筑波山に登ってきました。 2017年ももう後数日です。   白雲橋コースを登りました。   空を見上げると、雲一つない青空。 気温の低い冬なら...
『 12月筑波山、疎らな登山者、澄み切った青空、元気な紫峰杉 』の続きを読む

2歳9ヶ月の息子は岩場登りに挑戦。スリングで歩行の補助はなかなか難しい 最近は自宅から近い(といっても1.5時間程度はかかる)筑波山登山が続いていますが、今回も筑波山にやってきました。 もう、12月ということで、子連れ登山もギリギリの季節です。あまり寒すぎて体調くず...
『 2歳9ヶ月の息子は岩場登りに挑戦。スリングで歩行の補助はなかなか難しい 』の続きを読む