• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

登山家やキャンパーや自らの経験をもとに作成しました。誰もが口を揃えて言うのは、「寝袋(シュラフ)だけはお金をかけて良い物を揃えるべき」ということ。環境が苛酷になればなるほど、寝袋の持つ重要性が増していきます。冬山あるいは高山でのキャンプでは、寝袋の性能が命に直結します。それほど過酷な環境でなくとも、シュラフの性能によって、それが快適な良い旅になるかツライ旅になるかが左右されます。

このHPを通して、みなさまの用途にあった「しっかりと疲れがとれて、夜寝るのが楽しみになるような寝袋」を見つけて頂けたらうれしいです。

寝袋の無料診断

◎ 特集

2歳9ヶ月の息子は岩場登りに挑戦。スリングで歩行の補助はなかなか難しい 最近は自宅から近い(といっても1.5時間程度はかかる)筑波山登山が続いていますが、今回も筑波山にやってきました。 もう、12月ということで、子連れ登山もギリギリの季節です。あまり寒すぎて体調くず...
『 2歳9ヶ月の息子は岩場登りに挑戦。スリングで歩行の補助はなかなか難しい 』の続きを読む

ダッチオーブンでピザ作り☆横浜市の野島公園バーベキュー場は駐車場と遠い、貸出リヤカーを活用 キャンプ仲間に誘われて、久々に野外でバーベキューしてきました☆ 場所は、横浜市金沢区の野島公園です。 私は横浜市に10年くらい住んでいましたが、この出島のような形状をした場所の存在を今回始めて...
『 ダッチオーブンでピザ作り☆横浜市の野島公園バーベキュー場は駐車場と遠い、貸出リヤカーを活用 』の続きを読む

11月中旬の筑波山は、落葉多く、紅葉は僅かでした。 11月中旬、晩秋の筑波山を登ってきました。 今回は、筑波山神社から白雲橋コースを登って、御幸ヶ原まで行き、ケーブルカーで下山してきました。   晩秋の平日のため、登山者はそれほ...
『 11月中旬の筑波山は、落葉多く、紅葉は僅かでした。 』の続きを読む

文化の日に紅葉の筑波山へ。紅葉&休日で混雑 11月3日の文化の日に、休日で保育園が休み&好天のため、子連れで筑波山行ってきました。   朝、自宅から筑波山までスマホのナビで検索すると、高速道路が渋滞で赤く、下道で行っても到着時...
『 文化の日に紅葉の筑波山へ。紅葉&休日で混雑 』の続きを読む

【テント保温力測定】登山テント泊で室内・外の温度測定した結果、温度差は4.8℃(RC-5 USB温度データーロガー使用) 「山でテント泊した時、室内・外の気温はどの程度差があるのだろう?」 以前から、そのようなテントの保温力について素朴な疑問を抱いていましたが、今回、南八ヶ岳縦走(硫黄岳-横岳-赤岳)登山でテント泊...
『 【テント保温力測定】登山テント泊で室内・外の温度測定した結果、温度差は4.8℃(RC-5 USB温度データーロガー使用) 』の続きを読む

【車体の保温力測定】車中泊で車内・車外の温度測定した結果、温度差は6.9℃(RC-5 USB温度データーロガー使用) 「車中泊した時、車内の室温と、車外の気温はどの程度差があるのだろう?」 以前から、素朴な疑問を持っていました。 今回、温度計を2津用意して測定してみました。   使用する温度...
『 【車体の保温力測定】車中泊で車内・車外の温度測定した結果、温度差は6.9℃(RC-5 USB温度データーロガー使用) 』の続きを読む

朝起きると、霜が降りていました。八ヶ岳は10月1日になると、夜は氷点下です。 テントを撤収し、一泊滞在させてもらった、テント場に感謝し、美濃戸へ向けて下山します。 沢のせせらぎを聞きな...
『 赤岳鉱泉のテントを撤収し、北沢下って帰宅[南八ヶ岳縦走登山] 』の続きを読む

【難易度高】寝袋の中に、プラティパスにお湯を入れて湯たんぽ実験 登山での寝袋選びといえば、3シーズン用を最初に選ぶのが一般的ですが、2000m級の山になると、紅葉時期の早朝は霜が降りる氷点下になることもしばしば。 正直、3シーズン用ではうっすら寒いかな、とい...
『 【難易度高】寝袋の中に、プラティパスにお湯を入れて湯たんぽ実験 』の続きを読む

赤岳鉱泉のお風呂の時期、利用時間、風呂内の様子。夕食について 山小屋、赤岳鉱泉に事前に設営したテントに戻り、さっそく入浴の準備をします。 赤岳鉱泉では、夏~秋の時期は、お風呂があるんです!知ってました?   赤岳鉱泉のお風呂 そのことは...
『 赤岳鉱泉のお風呂の時期、利用時間、風呂内の様子。夕食について 』の続きを読む

今回はじめて文三郎尾根を通りました、稜線付近は傾斜も強く、なかなかスリリングでした。 7年前に地蔵尾根を登ったときは、けっこうハシゴがあったような気がするのですが、文三郎尾根にはハシゴは無く、鎖...
『 赤岳から文三郎尾根を下り、行者小屋を通過して赤岳鉱泉へ[南八ヶ岳縦走登山] 』の続きを読む