プロフィール

  • 投稿日:2009年11月18日
  • 更新日:2014年1月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みなさん、はじめまして(^^)

冬富士登山

2012/05/24 積雪期 富士山山頂の鳥居前で 無事登頂(^^) やったー!

 

IMGP0316.jpg

2014/01/15 八ヶ岳でアイスクライミング!

 

私はファミリーキャンプから無積雪期登山、厳冬期登山、バイクのキャンプツーリングに自転車旅行、車中泊などなど、アウトドアをひろ~く楽しんでいます。

 

ファミリーキャンプ

 

ファミリーキャンプ

幼いころから家族でファミリーキャンプを楽しんでいます。

 

バーベキュー

 

キャンプと言えば やっぱりバーベキュー(^^)

やっぱり炭火で焼いたお肉っておいしいですね♪ というかなんでも美味しい!

幸せです!

 

 

焚き火

 

仲間と焚き火を囲んでいるとなんだかホッとします。

原始時代からの記憶がDNAに組み込まれているからでしょうか?

 

ファイヤー!!!

ファイヤーーーーーーダンス!!!

 

 

スモーカー

 

キャンプと言えば最近は燻製がお気に入り!

値段が安くて本格的な燻製が楽しめるソト(SOTO) いぶし処 お手軽香房を愛用しています(^^) チップはいくつか試しましたが、今のところソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『老舗さくら』が癖のない芳醇な香りがついて使ってます!

 

 

ダッチオーブン

 

友人がダッチオーブン使って激ウマの肉料理作ってくれました!

 


 

 

 

雪中キャンプ

 

めっちゃ寒いですが雪中キャンプもやります。

雪中キャンプは十分な防寒着と暖房が欠かせませんね(^^)v

 

登山 夏山から雪山まで

主に八ヶ岳、北アルプス、南アルプスを中心に出没しています(^^)

 

涸沢のテント場

2011/09/13 涸沢のテント場から うーーーん、ビューティフー!!!

 

 

2012年涸沢の紅葉

 

2012/10/05 涸沢の紅葉! ここは天国か?

 

 

IMGP6304.jpg

 

誘われれば年1回は沢登りします。。。でも沢登りは初心者です。だってぬるぬるで手が滑る。

 

雪山ザック

2012/01/18 厳冬期八ヶ岳登山、アイスクライミング

 

 

赤岳鉱泉アイスキャンディで練習

赤岳鉱泉でまずは練習!

 

 

 

裏同心の滝でアイスクライミング

2011/12/14 八ヶ岳 裏同心の滝でアイスクライミング 天然の氷壁はやりがいあり!

 

 

 

IMGP4325.jpg

2011/12/15 阿弥陀岳の山頂でご来光(^^) きれいだったな~

 

 

動画で見るとアイスクライミングってけっこう地味~。

 

 

厳冬期用寝袋

私の冬山用の寝袋(モンベル スパイラルダウンハガー#0)とゴアテックスのシュラフカバー(もちろんワイド!)

 

 

IMGP4695.jpg

赤岳鉱泉のアイスキャンディと厳冬期用テント 雪の世界はふかふかしてめっちゃ楽しい(^^)v

 

IMGP4725.jpg

 アイスキャンディーは登ったよ!

 

 

雪山テントの中

雪山でのテントの中を大公開! 真ん中の人のリッジレストが犠牲になるのは毎度のこと。 靴下はバーナーの周りに置けば乾くよ。

 

 

雪山テントの中で鍋

氷点下の世界ででる湯気の量はハンバじゃない!前が見えませーん!

 

 

雪山テントの中で寝る

たっぷりご飯食べて、お酒飲んでおやすみなさーい(^^)

 

 

IMGP0476.jpg

2011/02/23 厳冬期谷川岳も登ります♪巨大な雪洞つくりに遊びに行きます!

 

 

ホワイトアウト

2012/02/21 谷川岳下山中にホワイトアウト! 前が見えません。今ここどこ?状態に!

 

 

谷川岳ホワイトアウト

ホワイトアウトはヤバイです。雪屁(せっぴ)ふんだらあの世行きか? トレースなく死ぬかと思った。が奇跡的に一瞬視界が晴れて方向修正! あぶなかった。

 

しかも、その日の夕方、雪洞(雪の洞窟)から出ると猛烈なブリザード!!!テントだったらやばかった(^_^;)

 

 


自転車旅行

自転車旅行も気がむいたらたまーにします(^^)

 

cycle217.jpg

2010/08/29 北海道自転車旅行 天気に恵まれてさいこーでした!

 

 

cycle276.jpg

車で来た友人と一緒にキャンプ!

 

 

cycle481.jpg

海は風が強い~。でも暑かった~。

 

 

ニュージーランドを約3ヶ月ほど自転車旅行したこともあります。

IMG_0815.jpg

ニュージーランドのキャンプ場はユニークなところが多かったな。あと綺麗だった。

キャンプ場に必ずシャワーと共同キッチンがついていて、快適でした!

 

 

IMG_0727.jpg

ニュージーの道路はアップダウンが多くてめっちゃきつかった!

 

 

IMG_0997.jpg

2008/11/04 このときはあまりの強風でサイクルメーター見たら時速5kmしか出なかった。

 

 

IMG_0945.jpg

2008/11/02 テカポ湖でマウントクック背景に記念撮影!

 

 

IMG_1182.jpg

2008/11/12 ギネスに登録されている世界でもっとも急な坂道ボルドウィンストリートに自転車で挑戦!

 

 

IMG_1183.jpg

まるで壁です! スキーのジャンプ台みたいでした(^_^;)

 

 

IMG_1189.jpg

蛇行しながらなんとかボルドウィンストリートを自転車で上りきりました!

 

 

IMG_1238.jpg

ニュージーランドは人口より羊が多い国。羊は臆病な生き物ですぐ逃げますが、えさ与えて仲良くなりました(^^)

 

 

IMG_1492.jpg

ニュージーランドには世界中から自転車旅行者がたくさんきますが、こんなユニークな自転車で旅行してるカップルがいました!

まさに二人三脚ですね!

 

 

 

バイクツーリング

バイクはそれはそれは大学生時代から乗っていて、友人と2人でキャンプ道具一式積んで、ツーリングしてきました。

 

IMGP2622.jpg

さて、私のバイクはどっちでしょう?(ヒント:ボロイ)

 

 

IMG_1458.jpg

ニュージーランド自転車旅行のときにバイクに乗りたくなって、ハーレーを数時間レンタルしちゃいました!

雄大なニュージーランドの大地をハーレーで走るのは最高に気持ちよかったです!!!!

 

 

車中泊

 

 

IMGP5403.jpg

愛車のエクストレイルで何度も車中泊してま~す!

 

IMGP6740.jpg

エクストレイルは後部座席倒せばまったいらになるので、車中泊に最適です。

しかも、悪路もOK、燃費もリッター10kmくらいとまずまず。

アウトドア好きにおすすめの一台ですよ!

 

人一倍寝ることに関心があり、自分の持っている知識や経験の整理を兼ねて寝袋のサイトを作っちゃいました!

このサイトに掲載している情報は、私がアウトドアフィールドで得た経験、あるアウトドアのエキスパートの仲間から得た情報やその他メディアの情報を元に作成しています。

何かしらお役に立てたらうれしいです!

 

個人的な経験からお伝えしたい寝袋選びの奥義・・・それは

--------------------------------------------------------------------------------

予想される最低気温よりも保温力に余裕のある寝袋(シュラフ)を用意すること

--------------------------------------------------------------------------------

です。

 

理由は明確です。

 

野外で寝る場合、実際は天気予報で出てくる最低気温よりも低いことが多い

天気予報で出ててくる最低気温は、市街地基準です。

例えばキャンプ場の多くは市街地から離れた丘や山にあり、標高が高いです。

そのためキャンプ地は天気予報の最低気温より数度低い可能性が高いことを覚えておいてください。(これって盲点!)

具体的には標高が100mあがると0.6℃気温が下がり、ます。

また、海辺の場合はとにかく風が強いことが多く、テントの中の気温が外気温に近くなります。

 

 

谷川岳雪洞でシュラフで寝る

 

2012/02/21 厳冬期谷川岳の雪洞(雪の洞窟)で寝る私。寒いので鼻と口しか出しません。

 

多少の気温の変化にも対応できるようにするため

おそらく多くの人が数週間前もしくは数日前から登山やキャンプなどの予定を立てること思います。

思わぬ天候の変化・・・例えば寒波到来などにより、当日は予想以上に気温が下がることは多々あります。(気温が上がる場合はとくに問題ありません。)

あまりギリギリの保温力のものを用意していると、それに対応できず朝方もっとも気温の下がる時間帯に目がパッと覚めてしまい疲れがとれずだるい一日を過ごすことになるかもしれません。(私は過去にそんな経験を何度も経験してきました。)

夏以外の季節ではこのことが深刻になってきます。

特に場合によっては生死に関わる冬は、慎重に寝袋を選ぶことを強くおすすめします。

--------------------------------------------------------------------------------

予想される最低気温よりも保温力に余裕のある寝袋(シュラフ)を用意すること

--------------------------------------------------------------------------------

私はこのことに気がつくまで、何度夜中に目が覚めてしまったかわかりません。

 

 

IMGP6686.jpg

 

 

因みに余談ですが・・・

この奥義が当てはまらない人もいます。

人間の限界に迫るような極限の世界・・・例えばエベレストなどの山々を登る登山家です。

この人たちは、数え切れないほどの極限の経験の中で、自分の限界を知っています。

また鍛えられています。

そのため、「えっ?それで寝れるの?」というくらい薄い寝袋で寝ることができます。

スゴイとは思いますが、初心者の方がそのまま真に受けるとえらい目にあいますのでご注意を(^^)

 

 

IMGP5535.jpg

 

■追伸

プロフィールのページを作っていたら、楽しくなっちゃって写真と動画をたくさんのせてしまいました(^_^)

最後まで見ていただいた方、ありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集