【車体の保温力測定】車中泊で車内・車外の温度測定した結果、温度差は6.9℃(RC-5 USB温度データーロガー使用)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「車中泊した時、車内の室温と、車外の気温はどの程度差があるのだろう?」

以前から、素朴な疑問を持っていました。

今回、温度計を2津用意して測定してみました。

 

RC-5 USB温度データーロガー

使用する温度計はRC-5 USB温度データーロガーです。

RC-5 USB温度データーロガー

測定温度範囲:-30°C~+70°C; 
温度最小表示:0.1°C 
記録容量:32000ポイント(MAX) 
測定精度:±0.5 °C(-20℃~+40℃); ほか、+1 ℃ 

測定精度が±0.5 °Cなのですが、その範囲内で誤差はでます。

 

今回、9月末に南八ヶ岳登山のため、八ヶ岳PAで車中泊することになり、この機会を活用して温度測定しました。

IMGP3312.jpg

 

車はエクストレイルです。後部座席をフルフラットにして、寝袋とマットを敷き、男2人で寝ます。

それだけでなく、車のリア側の窓はすべて車種専用のサンシェードを付けました。(サンシェードにより、多少の保温効果あるかもしれません)

IMGP3310.jpg

当然ながら、就寝直後はまだ車内やエンジンが暖かいため、外と車内の温度差は大きいです。今回の実験では、車の保温力を見たかったため、温度測定は、就寝時と外気温の温度差が均衡し、起床時間でもある早朝にすることにしました。

1つの温度計は、車内のリア側の天井からぶら下げます。もう一つは、車外のフロント側のワイパーの上にそっと置いておきました。

セッティング後、寝袋に潜り込み就寝。

・・・そして、少し日が登り始めた5:40頃起床し、すぐに車内にぶら下げた温度計の表示を見ます。

IMGP3320.jpg

RC-5の温度表示は、17.9℃でした。

 

次に、車外のRC-5を見に行きます。

IMGP3324.jpg

 

 

IMGP3322.jpg

車外の温度は、11.0℃でした。

 

温度差は 17.9℃ ー 11.0℃ = 6.9℃ になります。

 

もちろん、天候、車種、宿泊人数によって数値は異なるとは思うのですが、気温が約7℃暖かいとわかりました。

もっと車は保温力が低いと思っていたので、予想以上の測定結果となりました。

 
車の保温力がわかれば、車中泊する時にどの程度の保温力の寝袋を選べばよいか、わかってきます。
 
 

参考リンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集