登山・キャンプ記

家族みんなで大山登山♪ケーブルカーが新しくなっている!

久々に神奈川県の大山に登ってきました(^-^)

今回は、家族みんなで登山。

約1歳2ヶ月になる息子を背負って登りました。

 

P5020049.jpg

約15分くらい続く表参道を歩きます。

 

P5020058.jpg

ようやくこれから登りです。

女坂と男坂ありますが、子供背負っているので傾斜の緩い女坂を登ります。

P5020062.jpg

とはいってもかなり整備整備されていて、ほとんどが階段です。

 

登り始めて20分で大山寺に到着。

P5020071.jpg

さらに登ること20分。阿夫利神社の下社に到着。

P5020103.jpg

P5020107.jpg

とても立派な神社です。

下社内に湧水を汲める場所がありますので、おすすめです!

神社で参拝した後、見晴台へ行きました。

 

登山道は整備されているものの、道が狭くて下山者とのすれ違い待ちが結構ありました。

神社の下社から歩くこと40分で、見晴台へ到着。

P5020119.jpg

天気予報では、晴れでしたが、山はうっすら曇って、さらに風が強く寒い。。。

私と妻とはさっさと茶屋で買ったおにぎり食べて、子供にもパンを食べさせて下山 笑。

 

P5020126.jpg

あまりに風があって寒いので、ベビーキャリアにレインカバーつけて子供の防寒対策。

 

阿夫利神社の下社まで到着し、いい時間になっていたので、ここからは大山ケーブルカーで下山しました。

P5020133.jpg

2015年に大山ケーブルカーがリニューアルしたそうで、車両が新しくなっていました!

なかなかかっこいいデザイン。

中も綺麗でした。

 

P5020053.jpg

子供が産まれてからずっとみんなで行きたかった大山。

ようやく叶って満足です(^-^)

 

大山は、何度も登っていますが、なんか好きなんですよねー♪

 

■参考リンク

大山ケーブルカー http://www.ooyama-cable.co.jp/

 

筑波山の白雲橋(しらくもばし)コースを登ってきました(^^♪

何度も登ったことのある筑波山ですが、ケーブルカーと並走する御幸ヶ原コース、迎場コース、おたつ石コースは登ったことありますが、白雲橋コースは今回が初です。

 

まずは筑波山神社で参拝です。

筑波山神社

 

神社の脇道を通って

P4250028.jpg

 

白雲橋コースの登山口へ。

白雲橋ルート

 

 

P4250032.jpg

 

歩いて間もなく分岐点

P4250035.jpg

P4250033.jpg

 

初めてのぼった白雲橋コースですが、ところどころ開けた場所があり、なんだか透き通っていて非常に心地よいです。

P4250043.jpg

登山者も少なめで、静かです。

 

P4250041.jpg

 

P4250047.jpg

樹林帯を登り切ると、尾根の広場にでます。

 

P4250054.jpg

女体山の山頂に到着。

 

P4250059.jpg

ところどころ、つつじが綺麗に咲いていて、甘い香りを放っていました。

 

P4250062.jpg

 

御幸ヶ原に到着し、昼食を食べてぶらぶらしていると・・・

P4250065.jpg

この先徒歩1分で紫峰杉 の看板を発見。

ちょっと降りてみると、山の主のような貫禄の杉がひっそりとそびえたっていました。

紫峰杉

何度も登っている筑波山ですが、山頂にこんな立派な杉があったのか、と驚きました。

推定樹齢800年だそうです。

木肌が黒々としいて、貫禄があります。

 

もし、筑波山の山頂まで登ったなら、紫峰杉まで行ってみてください(^^♪

雨の中で桜咲く高尾山を登ってきました(^_^)

雨の中、高尾山の6号路を登ってきました(^^)

朝、高尾山についたら平日ということもあるのともいますが、雨なのでもうガラガラでした。

雨の中で桜咲く高尾山を登ってきました(^_^)

ほとんど誰もいません。

雨の中で桜咲く高尾山を登ってきました(^_^)

雨の登山は、一般的には敬遠されがちですが、私は結構好きです。

雨あってこそ生物が育ちます。

雨の日は、生物が水から活力を得て静かに輝く特別な日です。

雨の中で桜咲く高尾山を登ってきました(^_^)

6号路の登山口です。

 

雨の中で桜咲く高尾山を登ってきました(^_^)

そして、山頂です。(途中の写真撮り忘れました)

いつもは多くの観光客で賑わう山頂も、平日の雨の日だと、閑散としています。

 

雨の中で桜咲く高尾山を登ってきました(^_^)

 

たまには暖かい飲み物でも作ろうと、バーナー&コッヘルセットを持ってきたので、早速お茶作ります(^^)

雨の中で桜咲く高尾山を登ってきました(^_^)

 

因みに、高尾山の山頂から富士山を眺めると・・・

雨の中で桜咲く高尾山を登ってきました(^_^)

雲で見えません。

 

静かな山頂を満喫し、雨も気が付いたら止んでいたので、下山します。

雨の中で桜咲く高尾山を登ってきました(^_^)

高尾山のケーブルカー駅に到着♪

雨の中で桜咲く高尾山を登ってきました(^_^)

青空が見えていました(^^)

桜も綺麗に咲いています☆

P4040019.jpg

帰りに、最近できた高尾山温泉を見に行きました。(入ってません)

入浴料が大人1000円といい価格ですが、高尾山はとにかく観光客や登山者が多いので、それでもお客さんが来る算段なのでしょうね。

 

 

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

岩根山荘のアイスツリーでたっぷり練習した後、川上村の川上山荘で1泊してきました(^^)

先月も岩根山荘着たのですが、朝6時ごろ自宅出発したら、着いたのは11時くらいになってしまい、あんまり登れませんでした。

そこで、今回は朝4時に出発!

9時くらいには岩根山荘に到着し、たっぷり登ることができました♪

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

 

暖冬の影響で氷壁の上部の薄くなっていたり、氷に大きな穴が開いて登れないルートもありましたが、我々含めて3パーティしかいなかったので、十分練習することができました。

今回も妻も登りました。妻は今回でアイスクライミング2回目です。

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

 

なかなか、氷に刺さったアイスアックスを信頼できず体重かけれないのでなかなか登れませんでしたが、徐々になれて優しいとこなら上まで上れるようになっていました。

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

 

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

 

子どもの子守を友人が協力してくれて、安心して何度も登ることができました(^^)

ほんといつもありがとうございます♪

お陰様でかなりしっかり登れました!

 

徐々に日が傾いてきて気温も下がってきたので、撤収。

その後、宿泊する川上山荘へ。

川上村の宿は、岩根山荘の他に白木屋旅館と川上山荘がある(他にもあるのかも)ので、前回は白木屋旅館に宿泊させてもらったので、今回は川上山荘にしてみました(^^)

 

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

川上山荘は2015年5月にオープンしたそうで、建物が新しいです。

 

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

この日は、宿泊者が私たちだけだったので、一番展望のよい2回の角部屋を案内していただけました(^^)

 

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

ゆったりできるハンモックにすわったら、ゆっくりユラユラ動くのが心地よいのか子どもがおとなしくなった 笑。

 

旅館内には、オートビレー2個あるクライミングウォールがありました。

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

 

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

アイスクライミングで疲れたはずの妻が「登りたい!」と壁に取り付きます 笑。

ここのクライミングウォールは、クライミングジムみたいに充実している訳ではありませんが、ちょっと遊ぶのにちょうど良い感じです。

 

夕食は、女将さん手作りの料理が食べ放題でした。

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

パンも手作りで、とても素朴な味でおいしかったです(^^)

本当は、もっと何品もあって華やかだったのですが、食べることと、子どもの様子を見ているので一所懸命で、写真撮り忘れました。

お腹一杯いただいて、もう終わりかなーと思っていたら、そこからスープとデザートでてきました 笑。

岩根山荘アイスツリーを登った後、川上山荘で1泊

美味しい料理をお腹一杯いただきました(^^)

 

お風呂に入ったら、もうみんな疲れてぐっすり。

翌朝、美味しい朝食が準備されていました。

丁寧に調理された朝食に驚きました(^^)

おかずが美味しくて、朝から小さめの茶碗とはいえ、3杯も頂きました。

 

最初は、1泊2食の価格と6700円(税込)という価格なので食事はあまり期待してなかったのですが、安心の食材を使って丁寧に調理された美味しい料理が沢山でてきて、驚きました。

小さい子供連れの宿泊なので、けっこう騒がしかったり、いろいろ手間かけてしまったのですが、親切に対応していただいて助かりました(^^)

 

■参考リンク

岩根山荘 http://www.iwane-inc.co.jp/

川上山荘 https://goo.gl/ExE1xH

家族でクライミングジム、西国分寺ランナウトへ

妻の友人から「クライミングジムに行きたい!ぜひ連れてってください」 とお誘いあって、妻の友人たちと一緒に西国分寺のクライミングジム ランナウトに行ってきました。

今回が、2回目です。

前回は外のアイスクライミングの壁をほとんど登ってましたが、今回はボルダリング&クライミングです(^_^)

 

家族でクライミングジム、西国分寺ランナウトへ

 

初心者用のルートを登ります♪

 

家族でクライミングジム、西国分寺ランナウトへ

 

 

家族でクライミングジム、西国分寺ランナウトへ

 

私もそんな登れるわけではないので、初心者用のルートを登ります。

最後に、オートビレーで確保しつつ、仮想リードで登りました(^_^)

 

ここ最近、定期的にジムやアイスクライミングできているので、だんだん腕力がついてきて、前はすぐに腕がパンパンでしたが、結構登れるようになりました。(優しいルート登ってるからか?)

 

知らない間に、妻の友人が我々夫婦の写真をとってくれていました!

家族でクライミングジム、西国分寺ランナウトへ

なんかとっても雰囲気でてる、素敵な写真♪

ありがとうございます(^^)

 

子連れでしたが、妻の友人達が子守してくれて、ほんとうに助かりました(^^)

みなさん子守が上手!安心して預けることができました。

お陰で、私もクライミングに集中することができて、いつにない充実した1日を過ごすことができました(^^)

 

■参考リンク

・クライミングジム ランナウト http://www.runout.info/index.html

相当冷え込む予報だったので、防寒着をすべて着てねましたが、数年使い込んだリッジレストの限界を超えてしまったらしく夜中の3時ごろに底冷えで一度目が覚めました。

まだ3時だしどうしようかともぞもぞしていたら、また寝てしまっていて起きたのは7時 笑。

昨日の予定では、6時ごろ出発しましょーか!なんて話していましたが、お互い7時起きでした。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

テントの内側に霜がたくさん付着し、それが下に落ちてマットの上にたまってました。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

小屋の入口にある温度計は、-13℃でした。

早速、朝食を作ります。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

朝食はインスタントラーメンです。

標高が高いだけでなく、雪山は空気が乾燥しているので、とにかく朝は水分を意識的に多く摂取します。

 

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

食後は小屋のトイレでスッキリした後、アイスクライミングの準備して、いざ裏同心ルンゼへ。

 

硫黄岳へのルートの途中で裏同心ルンゼへ。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

大同心が聳え立っています。

 

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

裏同心ルンゼのF1までの道は、木の枝が飛び出しているので、何度も木の枝に引っかかったり、下をくぐったりと冒険って感じです。

 

 

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

所々、穴が開いていたりする(下は水が流れている)ので、落ちないように注意します。

 

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

赤岳鉱泉から歩くこと約40分で裏同心ルンゼF1に到着。

15mほどの滝のはずなのですが、かなり雪で埋まってしまってます。

 

その後、F2へ進むも、3段40mのはずですが、かなり雪で埋まってしまっていて、アイスクライミングというか、雪上歩行の雪山登山の要素が強くなってしまってます。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

F3は約8mの滝のはずですが、もう雪で埋まってほとんどわからず。

 

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

途中、岩の下で食事&水分補給の休憩しました。

 

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

そこからは、遠くを眺めると、まさに下界とは異空間にいるなーと感じました。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

大同心もかなり近づきました。

そして最後の滝とおもわれるF5へ。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

ここもだいぶ雪で埋まって、5mくらいでしょうか。

これだけ雪があると、アックスの効かせる場所がなかなか見つからず難しい。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

無事通過し、休憩。

ここから草つきとガレ場を進みます。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

T氏が先頭でラッセルしていただき、続いてロープで確保してもらって私も続きます。

T氏には、ほんと感謝感謝です!

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

途中の雪と氷が付着した木の枝と青空が綺麗でした。

 
ルンゼを超えて大同心稜へ抜ける道が結構な斜度がありながら、薄氷と草地で歩行しにくく、地味に恐かったです。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

それでも天候に恵まれて、裏同心ルンゼでも、抜けた場所でも気温は低いものの、太陽でて風があまりなく、非常に恵まれました。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

これから下山です。

 

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

尾根には、しっかりとトレースがあり、それをそのまま下りました。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

所々、傾斜が強く注意して下ります。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

下りきると、大同心ルンゼの道と合流し、ここまで来ると赤岳鉱泉はすぐそこです。

 

二日間のGPSデーターです。

裏同心ルンゼをアイスクライミング♪なんとか登り切り大同心稜を下山(二日目)

 

今回ははじめて裏同心ルンゼを登りきりましたが、かなり雪で埋まっていて、アイスクライミングする場所が短くて、雪山登山の要素が強かったです。

 

車に戻って、アイスクライミングの本読んだら、「裏同心ルンゼは2月ごろには雪で滝が埋まってしまうため、11月下旬~1月中旬くらいまでが良いだろう」と書かれてました(^_^;)

 

最後に、まるでガイドのように、私を安全に登れるように導いてくれたT氏に感謝&感謝の山行でした(^^)

 

一泊二日の日程で、南八ケ岳のジョウゴ沢と裏同心ルンゼでアイスクライミングしてきました(^^)

 

事前に赤岳鉱泉のブログに「八ケ岳山荘から美濃戸(たけのこ村)までの林道は、車高の高い4輪駆動車、スタッドレスタイヤ、金属製のタイヤチェーン最低2本(理想は4本)の一つでもお持ちでいない方は八ヶ岳山荘から歩くことを強く推奨します。」と書かれていました。

それを読んだのが登山日2日前で、最近車を買い替えて以前のタイヤチェーンが使えなくなってしまって処分してしまったままで、新しくタイヤチェーンを用意してないし、今からだと間に合わん・・・大丈夫だろうか?と不安になりましたが、どうやら大丈夫みたいなのでそれを信じて、そのまま林道を走ることに。

轍がひどく、ロックモードで無事通過!エクストレイルのお陰でした!

美濃戸口の駐車場に到着してみると、そこにとまっている車のほとんどがSUV(エクストレイル・フォレスターなど)でした。

P2020010.jpg

だいたい皆さんチェーン着けてました。

私も何とかチェーンなしでこれましたが、次からはチェーン用意しよう!と思いました。(毎年ここ着てるので)

 

準備してこれから登山です(^^)

南八ケ岳アイスクライミング一日目 ジョウゴ沢F2

南八ケ岳アイスクライミング一日目 ジョウゴ沢F2

私も友人もテント泊装備(テント、寝袋、マットなど)とアイスクライミング装備(アイスアックス2本、ハーネス、クイックドロー、アイススクリュー、アイゼン、ロープ50m)など背負っているため、かなり重いです 笑

たぶん20キロは超えてます。

最近の登山は、軽量化、軽量化と言われていますが、アイスクライミングに関しては金属装備が多いので軽量化できませんね。

それでもドイターのザックの作りがいいので、楽に背負えます♪

ずしっと重いザックを背負うと、あーなんか雪山登山!って感じがします♪

南八ケ岳アイスクライミング一日目 ジョウゴ沢F2

赤岳鉱泉までの道は、1月9,10に来たときと比べてずっと積雪があり、歩きやすかったです。

いつもの八ケ岳って感じがしました(^^)

 

美濃戸駐車場から約2時間20分で赤岳鉱泉に到着しました♪

南八ケ岳アイスクライミング一日目 ジョウゴ沢F2

 

平日なのでテント場はガラガラで1張りだけでした。

すぐにテントを設営することに。

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

もう、2人とも慣れてますから、設営もあっという間。

小屋の受付手続きして、昼食も食べずすぐにアイスクライミングの準備へ取り掛かりジョウゴ沢へ。

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

 

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

硫黄岳への登山道とジョウゴ沢の出合いです。

硫黄岳行く登山者が間違って入ってしまわないようにロープ張っていますが、我々はロープをくぐって進みます。

 

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

出合いから10分ほど進むとF1到着。

氷がかなり雪で埋まっています。

左側を登って先に進みます。

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

数分でジョウゴ沢F2が見えてきます。

滝の近くに荷物を置いて、クライミングの準備して、これから登る・・・となった前にT氏に

「簡単な瞑想しません」と提案。

すると意外にも「おー、いいですねー」と言ってくれた(実は私はかなり嬉しかった)ので、簡単な瞑想を一緒にしました。

生命の踊りも静まる白い世界に包まれる中、心が凪いだ状態でクライミング開始です♪

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

まずは我らのエースクライマーT氏がリードで登ります。

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

 

その後、お互いにトップロープで何本か登った後、私もリードで登ります。

 

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

 

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

気がついたら16時になっていて、そろそろ撤収。

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

 

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

帰り道は夕日に包まれて。

 

赤岳鉱泉に戻ってしばらく休憩し、小屋の夕食をとりました(2000円)

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

鳥肉の鍋と焼き魚がついて、いつもながら豪華な食事です(^^)

 

テントに戻り、T氏が「おもしろいの持ってました!」と何かごそごそと白い紐みたいなのを取り出し始めました。

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

何かと思ったら、テント用の照明でした。何かクリスマスみたい 笑。

照明一つで雰囲気がかなり変わりましたね(^^)

十分荷物が重い中、わざわざ楽しい照明をもってきてくれたT氏に感謝♪

 

いろいろ会話していたらもう22時を過ぎていました。そろそろ寝ないと。今夜はかなり冷え込む予報です。(後で小屋のブログみると、-16℃くらいだったそうです。)

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

南八ケ岳一泊二日テント泊&アイスクライミング ジョウゴ沢F2(1日目)

 

明日は、裏同心ルンゼを登りきる予定です。

 

 

小川山・瑞牆山・金峰山・甲武信岳に囲まれた長野県南佐久郡川上村にある白木屋旅館で宿泊してきました(^^)

岩根山荘のアイスツリーでアイスクライミングした後、そのまま岩根山荘で宿泊しようと考えていたのですが、たまたま休館日で宿泊できませんでした。

P1280109.jpg

そこで、付近の宿として、川上山荘と白木屋旅館を紹介してもらったので、さっそくネットで調べてみることに。

 

川上山荘は1泊2食付き6700円(税込)と安く、オートビレイ2基のクライミングウォールが有り、妻がこっちに泊まりたいと言ったので電話したらその日は外出日でごめんなさいと言われ、白木屋旅館に宿泊することになりました。

白木屋旅館は、明治9年旅籠屋として創業した歴史のある宿で、日本百名山の著者でもある深田久弥さんの滞在されたとのこと。

1泊2食付 7780円と川上山荘よりは値はするものの、しっかりとした郷土料理が食べれると口コミあったため楽しみにしていました(^^)

 

創業は古いですが最近立て替えたそうで、非常に綺麗でした(^^)

白木屋旅館

 

当日は宿泊者がほとんどおらず、通常料金にも関わらず大きな部屋を用意してくれていました♪(ありがとうございます!)

 

白木屋旅館

お陰様で、私たちもゆったりくつろぐことができ、子供は広い部屋でハイハイすることができました♪

 

白木屋旅館の夕食

夕食は、にじます?の塩焼き、豚の蒸し、煮物、ウドの酢味噌あえ、漬物、味噌汁、ごはん でした。

どのおかずを食べても非常に美味しく、ごはんもとっても美味しくて、おひつの中にたくさん入っていたごはんも夫婦で全部食べてしまいました(^^)

 

若いときは、洋食とかこってりしたものを好んで食べていましたが、年齢を重ねるごとに素材を生かしたちゃんと調理された食事がとても美味しく感じるようになりました。

 

部屋もふかふかの布団と暖房であったかく寝れました。

 

朝食はこんな感じ。

白木屋旅館の朝食

昨日の夕食でしっかり食べたのに、なんだかお腹がすいていて、さらにごはんが美味しいので全部ペロリと頂いてしまいました。

 

白木屋旅館は建物が新築で綺麗で、ごはんも美味しかったです。

どうやらちゃんとしたホームページが無いようなので、ちょっと不安でしたが、しっかりした旅館でした(^^)

 

■参考リンク

iタウンページ 白木屋旅館 http://nttbj.itp.ne.jp/0267992405/index.html#detail

宿泊するのに参考になったブログ http://blog.goo.ne.jp/stormy_mury/e/bed0a61867c4bd638a9cd2cbc18f3360

 

 

岩根山荘アイスツリーでアイスクライミングしてきまいた(^^)

だいたいアイスシーズン始めには、ここで練習するのが定番となっています。

岩根山荘アイスツリーでアイスクライミング♪トップロープでリードの練習♪

 

今月末に、クライミングジムのドライウォールで練習しましたが、やっぱり本物の氷は違いますね♪

岩根山荘アイスツリーでアイスクライミング♪トップロープでリードの練習♪

子どもが産まれてからクライミングの頻度はめっきり減り、子連れ登山が増えました。

一般登山だと、それほど上半身使わないですから、クライミングすると腕力低下を著しく感じます(^_^;)

 

岩根山荘アイスツリーでアイスクライミング♪トップロープでリードの練習♪

 

せっかく着たのだからと、トップロープしながら仮想リードにも挑戦しました。

それだけでなく、今回初めて購入したフィフィでアックステンションの練習もしてみました。

岩根山荘アイスツリーでアイスクライミング♪トップロープでリードの練習♪

最近知った”パンツのゴムひもフィフィ法”を試してみる。

アックステンションしたまま、スクリュー入れてみる・・・これはヤバイ。楽すぎる。

 

アイスクライミングのベテランの方に指導して頂いた時の話ですが、

【アイスクライミングで大切なこと】

1番 フォールしない(落ちない)

2番 フォールしない(落ちない)

3番 フォールしない(落ちない)

と言っていました。

 

アイスクライミングでフォールしてしまった方の話を聞いたことがありますが、フォール中にアイゼンが氷に引っかかり足首が粉砕骨折で全治六ヶ月になってしまったなどなど・・・

リードで登って腕が完全に限界に達しそう(達してしまうとそこから何するにも厳しい)になったときの避難策としてアックステンションを素早く使えるように今後も練習していきたいです(^_^)

 

昨年末から山仲間たちと計画していた岩根山荘のアイスツリーでのアイスクライミング。

しかし、暖冬の影響でアイスツリーの氷があまり発達せず開催があやぶまれる。。。

開催数日前に仲間の1人が岩根山荘に電話で問い合わせたら、「一面しか使用できず、14日には十数人が来る」と回答あり、それじゃせっかく何時間もかけて行ってもクライミング待ちでなかなか登れないね、となりました。

そして、もしも代案としてあがっていた西国分寺駅の近くにあるクライミングジム ランナウトへ行くことに。

 

ジムが開店する午後1時ぐらいに到着。

ドライツーリングのあるランナウトへ(岩根山荘アイスツリーのアイスクライミングが中止により)

(この写真は夕暮れに撮影しました)

 

ランナウトには、珍しく屋外壁にアイスバイルを使用してのアイスクライミングとドライツーリングの練習エリアがあります(^^)

ランナウトには、珍しく屋外壁にアイスバイルを使用してのアイスクライミングとドライツーリングの練習エリアがあります(^^)

(この写真も夕暮れに撮影しました)

 

はじめてここに来ましたが、この外壁をみたとき、「おー、すごいなー」となんだか感心してしまいました(^^)

 

天候にも恵まれ、さっそく準備を始めます。

ドライツーリングのあるジム ランナウトへ(岩根山荘アイスツリーのアイスクライミングが中止により)

とりあえず、息子と記念撮影♪

 

ドライツーリングのあるジム ランナウトへ(岩根山荘アイスツリーのアイスクライミングが中止により)

妻も登りました。

アイスアックス使ってのクライミングは今回が初めてで、なかなか勝手がわからないながらも、初心者ルートは無事登りきりました(^^)

ドライツーリングのあるジム ランナウトへ(岩根山荘アイスツリーのアイスクライミングが中止により)

 

ドライツーリングのあるジム ランナウトへ(岩根山荘アイスツリーのアイスクライミングが中止により)

息子もみんなが登る様子を見てます。

 

ドライツーリングのあるジム ランナウトへ(岩根山荘アイスツリーのアイスクライミングが中止により)

私も初心者ルート登った後、中級者向けルートに挑戦。

元々、クライミングはそんなにできませんが、子どもが産まれてからほとんどクライミングしていなかったので、とにかく握力が低下していて、アックス握って体重かけてるだけでツライ 笑。

ドライツーリングのあるジム ランナウトへ(岩根山荘アイスツリーのアイスクライミングが中止により)

垂壁ならまだしも、かぶってるところはもう、き、きつい。

一回、限界きて刺さったままのアックス離したら、リーシュがビヨーンと伸びて、危ない!となりました。

氷に刺すとアイスアックスがかなり固定されますが、ホールドにのってるだけだとぶらぶらなので、リーシュに引っ張られるとアックスがいつ落ちてくるかわからなくなるので、恐かったです。(そもそもアックス離しちゃいかんだろですが)

 

ドライツーリングのあるジム ランナウトへ(岩根山荘アイスツリーのアイスクライミングが中止により)

それでも、途中で何度も休憩しながら、なんとか登りきりました(^^)

ビレイヤーに感謝♪

 

その後、日が落ちてきたので、ジム内へ。

子どもに離乳食食べさせ、ボルダリングした後解散となりました。

 

■参考リンク

・クライミングジム ランナウト http://www.runout.info/index.html

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集