登山・キャンプ記

今日も運動がてら筑波山に行ってきました。

登山口の筑波山神社では梅が綺麗に咲いていました。

筑波山神社近くの梅

写真を撮ろうと、近づくと爽やかな香りが漂ってきました。

筑波山神社近くの梅

 

神社の正門です。

筑波山神社 入り口

鳥居の奥に見えるのが筑波山の山頂(たぶん男体山山頂)です。

参拝後、神社の東側に歩き、白雲橋コースの登山口へ。

筑波山 白雲橋コース登山口

今日は日曜日ですが、思ったほど登山者がいません。

筑波山の中腹まで登ると、なんと雪が現れました。

筑波山 白雲橋コース

標高がそれほど高くなく、関東圏の筑波山で雪があるとは予想外でした。

筑波山 白雲橋コース 雪

そして、標高が上がるに連れて、雪の量が増えて・・・

筑波山 白雲橋コース 雪

足が沈むほど雪が溜まっている箇所も。

 

筑波山 白雲橋コース 雪

ここから先は、登山道は雪に隠れていました。

登山者に圧雪されて、硬くしまっていました。

また、岩場では、薄氷がはっている箇所が多く、非常に滑りやすい状況でした。

滑りやすい普通の運動靴で登っている方は、転ばないように慎重に歩いていました。

筑波山 白雲橋コース 雪

樹林帯を抜けると青空と岩と雪。

何度も登っている筑波山ですが、季節変わると景色も変わり、新鮮です☆

 

筑波山には多数の巨岩がありますが、途中、初めて見る看板を発見。

筑波山 大仏岩

大仏岩?、そんなのあったっけ?と上を見上げると・・・

筑波山 大仏岩

ホントだ!大仏が座っているみたい(^^)

なんて、ユニークな岩なんでしょう♪

 

そして、女体山の山頂に到着。

筑波山 女体山山頂は雪と氷と青空

冬は空が透き通って、山頂からの景色が鮮やかです。

 

筑波山 御幸ヶ原には雪積もってました

日当たりの良い御幸ヶ原にも雪が残っていました。

 

コマ展望台で昼食をとり、今日はケーブルカーで下山です。

筑波山 ケーブルカー

いつもは進行方向の先頭付近にいたのですが、今回は最後尾へ。

すると、ガラス越しにケーブルカーの滑車が目に飛び込んできました。

筑波山 ケーブルカーのケーブル滑車

ケーブルカーの最上部はこんな作りになっているのね、と新発見。

長い時間かけて登った筑波山も、ケーブルカーで降りると8分で下山です。

 

今回の登山で、そろそろ私も軽アイゼン用意したほうがいいんじゃないかと思いました。

現在、14本爪のアイゼン(アイスクライミング&縦走用)、12本のアイゼンの2つを持っています。

本格的な雪山登山ではこれくらい必要ですが、山頂の状況がわからない低山でのちょっと積雪・アイスバーンの歩行のために持っていくにはごつすぎます。

とは言うものの、氷のはった斜面はどんなに立派なソールの靴でも滑ります。こんな時には軽くてちょっとすべり止めに使える軽アイゼンが丁度よいです。

軽アイゼンもさまざまなメーカー、本数の違いがありますから、機会があれば検討しようかと思います。(今回の筑波山登山では、モンベルの軽アイゼンの利用者が目立ちました)

 

筑波山 木漏れ日

光あれ、と言われた。 すると光があった。

 

我らのエースクライマーT氏から「美濃戸の八ヶ岳山荘から少し歩いたところに氷爆があるので、そこに行ってみましょう」と提案あり、早速行ってみました。

その場所は、ガイドブックによると”角木馬の氷柱”と呼ばれているらしく、八ヶ岳山荘からたけのこ村へ向かう林道を進んで間もなく現れる急な下り道、左側の斜面を降りた場所にあります。

170130_33.jpg

八ヶ岳でアイスクライミングといえば、赤岳鉱泉のアイスキャンディー、裏同心、ジョウゴ沢、南沢大滝・小滝など有名ですが、どの場所に行くにも1時間以上の登山が必要です。

ガイドブックには乗っているけど、ほとんど登らなくてよい場所に天然の氷柱があるのか、現場に行ってみるまで半信半疑でしたが、現場についてビックリ!立派な氷が並んでいました!

エースクライマーT氏にトップロープの支点を作っていただき、みんなで登りました。

美濃戸の角木馬の氷柱でアイスクライミングしてきました☆八ヶ岳山荘近くにこんな場所があったのね!

当日は、雨予報で非常に3月並の気温との予報だったからか、他のグループはいなく、貸し切りでした。

昼ぐらいから小雨も上がり、気温も高いため、さほど寒い思いをすることなく、登れました。

 

美濃戸の角木馬の氷柱でアイスクライミングしてきました☆八ヶ岳山荘近くにこんな場所があったのね!

ここは、下も広く、ゆっくり休憩できます。氷壁から離れられるので落氷を避けられ、ビレイもし易い。

 

今回アイス初体験のメンバーのために、左側のゆるい斜面の上部にスクリュー2本で支点を作って練習場を作ったのですが、

美濃戸の角木馬の氷柱でアイスクライミングしてきました☆八ヶ岳山荘近くにこんな場所があったのね!]

 

V字スレッド アバラコフ

エースクライマーT氏の指導の元、スクリューを回収するために、V字スレッド(アバラコフ)で氷に穴を開け、スリングも回収する手順を訓練しました。

美濃戸の角木馬の氷柱でアイスクライミングしてきました☆八ヶ岳山荘近くにこんな場所があったのね!

20cmのスクリューで、奥で繋がる用にV字に穴を開けます。

 

美濃戸の角木馬の氷柱でアイスクライミングしてきました☆八ヶ岳山荘近くにこんな場所があったのね!

細いスリングを通し、フックで引っ張ります。

V字スレッド アバラコフ で懸垂下降 スリング回収

懸垂下降後に、スリングを回収するため、ロープ終端にカラビナを付け、スリングの片側の輪にかけます。

この方法で、ロープ長の3分の1の距離まで懸垂下降できます。(左手の人差し指と中指の間の2本で懸垂下降し、最後に右側のロープでスリングを引っ張り回収します。写真のせましたが、実際には上級者の指導のもと実践してください)

 

V字スレッド(アバラコフ)は、実際やってみるとなかなか難しく、荒れた天候の状況下など、焦りに繋がる精神状況では、なかなか困難だなと感じました。

 

170130_11.jpg

今日が初アイスクライミングのメンバーも果敢にチャレンジ☆

 

この場所はトップロープ用ですが、T氏いわく「支点を作る場所が崖で足場が悪い、上から下の様子(どこらへんにロープが垂れるか)もわからない、できれば支点作る場所に行くのに懸垂等のロープの確保があったほうが良い」と言っていました。

 

もしかするのこのゲレンデは、支点づくりが核心かも、と思いました。

 

15時頃に撤収しました。

 

皆、怪我することもなく、安全に登れて良かったです。

また、自然の神秘にも感謝です。

そして、エースクライマーT氏に感謝です。

 

このブログを見て、行かれる方はぜひお気をつけて。

安全に楽しまれることを祈っています。

髙尾に用事あり、ついでに高尾山を登ってきました(^^)

高尾山の6号路を登ると、山頂付近の斜面に小さな氷の花「シモバシラ」が咲いていました(^^)

1月末、高尾山の山頂付近に小さなシモバシラ咲いていました

また、たまたま快晴で、はるか遠くの富士山をはっきりと眺めることができました。

 

以下、時系列の記事です。

 

これから登ります☆

冬の平日は登山者もまばら。

1月末、高尾山の山頂付近に小さなシモバシラ咲いていました

 

IMGP0921.jpg

今日も元気にケーブルカーが走ってます。

 

 

IMGP0926.jpg

6号路登山口です。

 

1月末、高尾山の山頂付近に小さなシモバシラ咲いていました

 

IMGP0951.jpg

所々、凍ってます。

IMGP0952.jpg

転ばないように、慎重に。

 

山頂付近で咲いていないかなーと探していると、ありました!

1月末、高尾山の山頂付近に小さなシモバシラ咲いていました

氷の花 シモバシラ です☆

かなり小ぶりです。

1月末、高尾山の山頂付近に小さなシモバシラ咲いていました

それでも、近くで見ると、綺麗に氷の花が広がっていました。

 

IMGP0970.jpg

山頂です。

とても天気が良いので、富士山見えるかなーとそのまま進むと、

 

IMGP0977.jpg

綺麗にはっきりと見えてます(^^)

高尾山に何度も登っていますが、ここまで綺麗に見えることはまれです。

夏などはすぐに雲があがってもわっと見えるのですが、これほど綺麗に見えるのは寒い冬ならではですね♪

 

下りは、3号路を選びました。

IMGP0987.jpg

木漏れ日が心地よく、爽やかな山行となりました(^^)

 

今シーズン初、2017年初のアイスクライミングに友人たちと一緒に行ってきました(^^)

そう、毎年おなじみ、シーズン初クライミングは、安全トップロープの岩根山荘アイスツリーとなりました☆

 

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

しかも、今回は、岩根山荘に1泊宿泊するのも初体験。(今までは他の近隣の宿を利用していました。)

もうすぐ2歳になる子供連れとなると、関東からの岩根山荘までの日帰りの行き帰りの車移動は難しい(そんなに我慢できない)ため、宿泊しています。

 

子供が寝ている朝4時に自宅を出発し、移動時間目一杯車で寝てもらうものの、私も約数時間に及ぶ運転に疲れて、途中仮眠。

子供に朝ごはん食べさせたり、北杜のパン屋さんよったりして、結局、岩根山荘についたのは11時。。。

仲間はもう、すでにロープ張って登っていました。

 

部屋に荷物運んで、私も子供の様子を見つつ、準備します。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

(部屋はこんな感じです。)

アイスツリーを登って、トップロープを設置します。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

アイスツリーの上部はこんな感じで、工事現場みたいになっています。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

スリング2本以上、別支点からとって、カラビナ2個(1個は管付き)をゲートの向きを逆になるようにして、ロープダウン!(ロープ下ろす周囲に誰もいないため小声)

 

ロープ終端をラビットノット(ループが2つできるので、ロープが痛みにくい)にカラビナ2つ(1つは管付き、もちろん2つのカラビナの向きは別々)を、ハーネスに接続。

いざ登ります☆

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

シーズン初のアイスクライミングは、えーとどうやって登るんだっけと登り方を思い起こします。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

こんな感じだったっけと。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

我らのエースクライマー T氏がビレーしてくれました。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

真ん中までは斜面が緩くなっていますが、そこから先はほぼ垂直。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

腕にきます。

 

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

がんばってます。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

ようやく登りきりました(^^) 

 

最近購入した一眼レフカメラで撮影してもらったので、写真が綺麗な気がします。

 

その後、私がアイスツリーの階段を登って、エースクライマー T氏が登る様子を一眼で撮影してみました。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

シャッタースピードを早くして撮影すると、氷壁にアックスを打ち込んだ時に飛ぶ、氷の飛沫を捉えることができました。

どうしても氷の飛沫が飛んでくるため、目を守るためにゴーグルは必須です。

 

暖炉のある休憩&食事部屋で、昼食をとり、再度登ります。

16時ぐらいになると日が落ちてきて、気温も下がってくるため終了。

 

部屋に戻って仲間と談笑し、18時から夕食です。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

おかずがたくさんでてきて、お腹いっぱいです☆

 

食後は暖炉でゆっくりと。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

 

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

息子はゆらゆら揺れるロッキングチェア が気に入ったようで、目一杯揺らしてました。

 

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

なぜかピアノがあり、妻が簡単な曲を弾いてました。

 

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

玄関の加湿器の蒸気を吸って・・・

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

大満足?

 

小さな子連れの宿泊だと、子供のドタドタ足音や、声などで周囲の宿泊者に迷惑をかけないように気を使うのですが、この日は、宿泊者は我々一行のみで、部屋も1階の角部屋で、仲間の部屋と1部屋離してくれたため、夫婦ともに心穏やかに過ごすことが出来ました。

 

宿泊者が少ないこともあり、女性用のお風呂を家族風呂として使わせていただきました。

もっと子供が幼いころは、外泊先のお風呂を嫌がって泣いていたのですが、今回は何事もなく入浴していて、成長したなーとしみじみ。

 

子供を寝かせてから仲間と談笑する予定だったのですが、添い寝している私もそのまま寝てしまいました。

 

翌朝、6時30分から朝食です。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

写真には写ってませんが、もちろんごはん付きます。

 

さあ、朝食たべて、今日も登りますよー☆

昨日は、旅の疲れと子供の世話で疲れて16時ぐらいまで部屋で子供と寝てしまい、登れなかった妻も、「今日は登ります」とやる気です。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

妻に貸したのは縦走用の12本アイゼンなので、つま先が横爪で刺さりにくいのですが、なんとか登っています。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

 

初回は途中で降りたのですが、その後の私がビレーしたときには、がんばって登りきりました。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

子供の世話で運動不足になりがちで筋力低下&装備もいまいちの中、途中テンションかけて休憩しながらも、登りきりました(^^)

 

その間、仲間が子供の相手をしてくれました☆

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

収納カゴに子供を載せて、カラビナかけて、スリングでひいてくれていました。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

我らのエースクライマー T氏は登るだけでなく、子供の世話も得意です☆(いつもありがとうございますm(_ _)m)

 

最後に私も一本登って、

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

11時30分ぐらいに切り上げて、予約していた昼食を食べます。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

 

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

 

これからまたながーい車移動が始まります。

昼食後は、息子の昼寝を考えて、そうそうに出発準備したのでした。

 

岩根山荘に初めて宿泊しましたが、子連れには何かと都合がよく、便利でした。

部屋は新しくはないのですが、清潔にされていて、落ち着きます。

また、宿泊者はアイスツリーの利用料金が1日2000円→1日1000円と半額になります。

 

また機会があれば岩根山荘に宿泊させていただきたいと思います(^^)

 

・岩根山荘 アイスツリー http://www.iwane-inc.co.jp/sanso/facility.php?id=icetree

 

追伸

廣川 健太郎さんの著書「新版 アイスクライミング 全国版 (クライミング・ガイドブックス)」が2016/12/15出版されました。

2017年の初アイスクライミングは岩根山荘で。1泊2日宿泊滞在記

内容紹介

ルート図は2色刷りで見やすくなり、判型を一回り大きくし、口絵カラーに迫力の登攀シーンを掲載したアイスクライムの決定版! ミックスルートでは北海道千代志別エリアを充実させ、日光月山の氷瀑や乗鞍岳山麓青垂滝、二口渓谷・蔵王、大峰地獄谷の閻魔大王等の新ルートも収録。

著者について

1960年2月生まれ。慶応義塾大学卒業。国内外でアイスクライミングを行ない本書収録ルート含め日本国内での初登攀多数。JECC(日本エキスパートクライマーズクラブ)、東京都山岳連盟専務理事。著書に『アイスクライミング』(白山書房)、『チャレンジ! アイスクライミング』(東京新聞出版局)など多数。

 

以下、アマゾンのカスタマーレビューです。

アイス歴4年です(2017/1/20):私はアイス歴まだ4年で、今年リードに進むくらいの腕前ですが、アイスする人にとっての日本百岩場は、これまで『チャレンジ!アイスクライミング』でした。

こちらは装丁とか表紙の写真があまりチャラさがないので、むしろ、『チャレンジ!アイスクライミング』より古臭く感じられますが、内容は新しくなっており、今、アイスクライミングする人にとっては、日本百岩場と同じような必携の書となっています。

周りでアイスする人はみんな持っています。

さまざまな天然のゲレンデでアイスクライミングするなら、廣川 健太郎さんの本はとても参考になります。

 

一眼レフカメラ pentax k-70を持って筑波山登山へ

家族で筑波山に行ってきました(^^)

IMGP0576.jpg

子供を背負って登るにはあまりに気温が低く風引いたら大変なので、子背負登山は断念。

私は運動不足なので山登りたい、妻は一人で山歩いて考え事したい、子供は寒くて外でそんなに遊べない、の3条件を満たしつつ、いったいどうしたらよいかと夫婦で話し合った結果、

筑波山神社から御幸ヶ原コースを私が登り→山頂でケーブルカーに乗ってきた妻&息子と合流→すぐに妻は御幸ヶ原コースを歩いて下山→私が自分と子供にご飯食べさせて、ケーブルカーで下山→筑波山神社で妻と合流

という、3条件を満たす見事なプランで筑波山と触れ合うことができました☆

 

IMGP0577.jpg

御幸ヶ原コース 登山口

 

IMGP0624.jpg

山頂でおにぎりモグモグ

 

できれば登りたかった妻も下山だけでもかなり足にきたようで、いい運動になったようです。

 

今回の登山は、2016年12月に購入した一眼レフカメラ pentax K-70の山デビューの日でもありました。

先日、登山用一眼レフバッグのパーゴワークス フォーカスも購入し、準備万端で登りました。

IMGP0635.jpg

IMGP0638.jpg

 

いつもは、防水防塵のコンパクトデジカメで写真を撮影していたのですが、今回は一眼レフで撮影してみました。

まだそんなに使いこなせてないですが、表現力がかなり差があるな、と実感しています。

 

IMGP0581.jpg

 

これからの登山でも積極的に、この防滴の一眼レフカメラを持ち出して写真撮影していこうかと思っています(^^)

 

昨年12月中旬に両神山へ行ってから、デスクワークが続くなか山登りに行けず、運動不足だったのですが、短い時間ですが筑波山に登れてよかったです☆

ちょうど山頂の食堂から出たとき、チラチラと雪が振り始め、より一層、季節を感じる一日となりました。
 
 

百名山 両神山登山(日向大谷-白井差)

初めて日本百名山の両神山(りょうかみさん)を登ってきました☆ ルートは、両神神社と両神山荘のある日向大谷から山頂まで登り、白井差(しらいさす)へ下山しました。

PC120055.jpg

最近は、行き慣れた関東近郊の低山を登ってばかりいたため、とても新鮮でした(^^)

 

 

両神山荘

両神山荘前を通過します。

ワンちゃんがお見送りしてくれました(^^)

 

PC120025.jpg

案内図です。

 

PC120026.jpg

登りはところどころ鎖場あります。

 

PC120029.jpg

会所の分岐です。清滝避難小屋方面へ進みます。

 

PC120035.jpg

進行の山のため、所々に像があります。

 

PC120039.jpg

弘法之井戸(こうぼうのいど)に到着です。

さっそく手持ちのボトルに入れて飲んでみましたが、冷たく美味しいです☆

 

PC120042.jpg

清滝避難小屋に到着です。

元々は、営業小屋だったらしく、建物もしっかりしていて、非常に綺麗です。

 

PC120045.jpg

尾根を登ります。

もう、12月中旬で木に葉はありません。

 

PC120047.jpg

登山道の日の当たりにくい場所は、霜柱がたっています。

 

PC120048.jpg

冬の訪れを感じます♪

 

PC120049.jpg

 

PC120051.jpg

両神神社の本社に到着しました。

もう少しで、山頂です。

 

PC120052.jpg

山頂に到着しました(^^)

 

PC120053.jpg

天気がよく、遠く八ヶ岳?も見わたせます。

 

PC120054.jpg

富士山もひょっこり頭が見えます。

 

PC120056.jpg

記念撮影しました。

 

山頂で昼食をとり、白井差方面に下山します。

PC120060.jpg

分岐でこのロープをくぐります。

 

分岐から白井差への道は、傾斜が一定で、非常に歩きやすいジグザグの道でした。

PC120063.jpg

大きなブナの兄弟。

 

PC120064.jpg

そして、さらに下山し・・・

 

PC120070.jpg

昇竜ノ滝に到着しました(^^)

水が絹のように垂れ下がる、穏やかな滝でした。

 

PC120073.jpg

そして、白井差に到着です。

両神山 白井差(しらいさす)

 

事前に仲間の車を1台ここに車を停めておいたので、ここから日向大谷まで移動し、車を回収しました。

 

今回、初めて両神山を登りましたが、さすが百名山にふさわしく、変化に富んだ登山道で山頂からの景観も良かったです(^^)

機会があれば、今度は違うルートで登ってみたいと思います。

 

■参考リンク

両神山ルートガイド http://japanesealps.net/others/ryougami/index.html

埼玉県 安全登山マップ(両神山・雲取山) https://www.pref.saitama.lg.jp/b0504/anzentozanmap.html

 

残雪残る6号路。髙尾山には、もみじ祭りの太鼓が鳴り響く

ふと思い立ち、高尾山へ行ってきました。

数日前に関東一帯に雪が降ったため、高尾山にも雪が残っていました。

 

雪があるので、土曜日でも登山者少ないかな、と考えていたのですが、もうそれは驚くほどの訪問者にびっくりでした。

紅葉時期の週末の高尾山はまるでお祭りですね!

 

駅近くの駐車場はどこも満車で、少し奥まった場所の民家の敷地内にある駐車場に案内されました。

残雪残る髙尾山もみじ祭り

 

朝から沢山の人で賑わっています。

残雪残る髙尾山もみじ祭り

 

6号路には雪が残っていました。

残雪残る髙尾山もみじ祭り

 

残雪残る髙尾山もみじ祭り

緑の笹の上に白い雪が乗っていて、雪国出身の私には、なんだか懐かしい景色。

 

下山すると、ケーブルカーの乗車待ちの大行列にびっくりしました。

残雪残る髙尾山もみじ祭り

今まで何度も高尾山に訪れていますが、これほどの行列を見たのは初めてです。

もみじまつりということで、ケーブルカー駅前では、女性たちが太鼓を演奏していました。

ドン!ドン!と力強い音が響き渡っていました☆

 

相模原の青野原キャンプ場で、久々にファミリーキャンプしてきました☆

今回は(も)、友人が驚きのキャンプアイテムをもってきてくれました(^^)

その名も、スノーピーク ランドベース6 です。

 

スノーピーク ランドベース6

かなり大きなスクリーンタープというでしょうか、(メーカーHPではシェルターと表現されています)。

2本のポールで立っています。

説明書見ながらみんなで設営しました。

スノーピーク ランドベース6

スノーピーク ランドベース6

 

とにかく大きいです。

支柱となるポールの高さが240cmもあるため、天井が高く広々としています。

また、ポールの場所がタープ中央からずれているため、邪魔になりません。

スノーピーク ランドベース6

下にマットを敷いて、鍋をしました(^^)

もう11月のキャンプとなると、寒さと戦いになってきたりするのですが、天候が良かったのと、ランドベース6のお陰でみんな暖かく過ごせました♪

いろいろ用意してくれた友人に感謝です☆

 

今回初めて青野原キャンプ場は、相模原の市街地からそれほど離れていないためアクセスが容易でした。

かなり広々としていて、開放感もありました。

青野原キャンプ場

青野原キャンプ場

 

11月の平日ということもあり、お客さんは数えるくらいしかいませんでした。

あとでHPみたら、大滝があったことを知り、見たかったな~。

 

注意点として、このキャンプ場はゴミの持ち帰りなことですね。

 

紅葉もきれいでした(^^)

161115_01.jpg

 

■参考リンク

青野原キャンプ場 http://www.aonohara-acl.jp/index.html

スノーピーク ランドベース6 https://store.snowpeak.co.jp/page/13

 

11月紅葉ピーク過ぎた榛名山へ行ってきました(^^)

広葉樹の葉はほとんど落ちていましたが、天気に恵まれました☆

榛名山 榛名富士

今までに2度榛名山に来ていますが、どちらも天候がいまいちでした。

3度めの今回は青空広がる秋晴れです。

 

また、土曜日なので、大勢の観光客でいっぱいでした。

平日しか来たことなかったので、これほどの賑わいにびっくり!

平日だと、駐車場ガラガラでしたが、この日はほぼ満車でした。

 

榛名山 榛名富士

当初の予定では榛名神社の参拝だけで帰る予定でしたが、天候も良いし、運動不足なので、榛名富士を登ることにしました。

 

榛名山 榛名富士

見ての通り、葉はほとんど落ちていますが、空がスカッと青空で気持ちいいです。

 

榛名山 榛名富士

登山道から榛名湖を見る・・・逆光でうまく撮れません。

榛名山 榛名富士

 

榛名山 榛名富士

登山口から登ること約30分、山頂のロープウェイが見えてきました。

 

榛名山 榛名富士

山頂の神社横の展望スペースから、榛名山の山々と、麓の街並みが見渡せました。

 

榛名富士下山後は、榛名神社へ。

榛名山 榛名富士

私はいままでに様々な神社を訪れていますが、ここは一押しです。

最初ここに訪れて、門を潜ったときに驚きました。

ネット上で ”榛名神社は関東でも上位に挙がるほど強いパワースポット” などと紹介されているのも頷けます。

 

今回で2回目の参拝になりますが、この榛名神社は若い女性・カップルの参拝者が目立ちます。

神社参拝といえば、どちらかというと年配の方が多いのですが、ここは縁結びで有名なのでしょうか?

 

関東近郊にお住まいの神社巡り好きの方に、ぜひ参拝をおすすめしたい神社です。

 

まだ足を運んだことが無い方は、ぜひ参拝してみてください☆

11月の紅葉の筑波山 白雲橋コースを登ってきました♪

またまた筑波山に行って、白雲橋コースを登ってきました(^^)

筑波山

紅葉真っ盛りで、平日の金曜日にも関わらず、筑波山神社の駐車場はいっぱいでした。

11月の紅葉の筑波山 白雲橋コースを登ってきました♪

 

筑波山神社で参拝します。

11月の紅葉の筑波山 白雲橋コースを登ってきました♪

 

11月の紅葉の筑波山 白雲橋コースを登ってきました♪

 

最近お気に入りの白雲橋コースへ。

11月の紅葉の筑波山 白雲橋コースを登ってきました♪

 

天気が良く、木漏れ日が美しい。

11月の紅葉の筑波山 白雲橋コースを登ってきました♪

 

11月の紅葉の筑波山 白雲橋コースを登ってきました♪

白雲橋コースには、途中に木々に囲まれた広い休憩ポイントがあります。

 

11月の紅葉の筑波山 白雲橋コースを登ってきました♪

 

女体山の山頂は、中学生の登山グループや一般の登山者で溢れかえっていました。

11月の紅葉の筑波山 白雲橋コースを登ってきました♪

 

女体山から男体山へ続く道は、ロープウェイで登った人や、幼稚園児グループや、中学生グループや一般登山者が合流していて、大渋滞でした。

 

11月の紅葉の筑波山 白雲橋コースを登ってきました♪

筑波山はほんと人気の山なんですね!

天候に恵まれ、心地よい山旅になりました☆

 

■参考リンク

筑波山登山コース http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=136

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集