登山・キャンプ記

家族で日光白根山に行ってきました。

今回は、丸沼高原のロープウェイを使って標高2000mまで上がり、私は子供と散策コース、妻は山頂へ登りました。

 

IMGP2194.jpg

sansakuro.jpt.jpg

 

子供を背負って白根山山頂は私にも子供にも厳しそう、私は既に菅沼から山頂まで登ったことがあり、妻は初白根山ということで、このようになりました。

そのため、ロープウェイ乗口からまったくの別行動です。

妻には早々にロープウェイで山頂目指してもらい、私&子供が子供に朝食食べさしたり、なんだりで牛歩です。

 

P7100569.jpg

ロープウェイといえば、数十人乗りのゴンドラが数分間隔で運行されているイメージでしたが、ここのロープウェイはスキー場のゴンドラをそのまま使っているため、8人乗りのゴンドラが次々と循環していました。

そのため、全く待ち時間なく、すぐに乗れました。

 

P7100572.jpg

P7100578.jpg

 

山麓駅(標高1400m)から2500mほど登って山頂駅(標高2000m)まで移動します。

乗車時間が約15分なので、ゆっくり景色を眺める余裕があります。

 

P7100579.jpg

山頂駅を降りると、綺麗に整備されたロックガーデンが広がっていました。

そして、その奥に・・・

日光白根山

どどーん、と白根山です。

妻が「山という字に似ている」と言ってましたが、まさにといった感じです。

梅雨時期なのに、雲一つない天気。いつもありがとうございます☆

 

 

P7100591.jpg

我々はゆっくり散策コースを歩きます。

 

P7100593.jpg

入り口に二荒山神社の鳥居あり、くぐります。

 

P7100598.jpg

ゲートもあります。クマ出没注意の張り紙も。

 

P7100600.jpg

史跡散策コースを主に歩きましたが、多少のアップダウンはありますが急登などはなく、子供を背負って歩ける程度でした。

途中で休憩したり、子供に歩いてもらったり、行動食食べたり、遅めの昼食を食べたりとしているうちに14時に。

そろそろ妻がおりてくる頃、と思っていたらもうロープウェイ降りたと連絡あり、我々も降りて合流。

 

子連れだと何かと時間がかかり、また背負ってる荷物&子供合わせると15キロ程度はあるため、散策コースでもかなり運動になりました。

 

以下、山頂へ行った妻が撮影した写真です。

IMGP2183.jpg

IMGP2185.jpg

IMGP2189.jpg

五色沼が綺麗に見えますね!

 

IMGP2203.jpg

ロックガーデンの足湯です。

IMGP2204.jpg

 

天候に恵まれ、日光白根山を満喫できました☆

 

参考リンク

■日光白根山(奥白根山) 天気予報

■日光白根山ローウェイ 運行状況:http://www.marunuma.jp/attraction/ropeway/

■登山ルート

 

家族で奥日光の更に奥の日光白根山の麓にある菅沼(すげぬま)キャンプ村で1泊してきました。

ここで1泊したのは、翌日、日光白根山を登るためです。自宅から日光白根山の登山口まで3時間弱かかり、しかも今回は子連れのため、日帰り往復は運転する私の負担も子供の負担も大きいため、菅沼で1泊することになったのです。

 

以前、菅沼から日光白根山まで登ったことがあり、ここにキャンプ場があるのは知っていましたが、宿泊したのは今回が初めてです。

P7090550.jpg

 

16時頃に到着し、受付へ。

今回はバンガロー泊なので、料金も少し高めです。シラビソ(2~6人用)10,800円。

ここのキャンプ場は元々バンガロー専門みたいですが、最近テント泊も受け継いているようです。(詳しくは ⇒ 2017年テント泊受入!!好評につきテント宿泊を期間限定で受入れます!!

私達は翌日登山で、テントだと朝の撤収が手間取るため、バンガローにしました。

P7090552.jpg

そのため、荷物もとても少ないです。

 

 

P7090553.jpg

ここが今日のお宿。外観が綺麗ですが、中も綺麗でした。

なんと、布団が付いています(シーツは有料レンタル可)

P7090555.jpg

7月といっても、ここは夕暮れになると非常に涼しい気温。最初は毛布+掛け布団までいるのかと思いましたが、深夜にはけっこう気温下がり、必要であることがわかりました。

 

IMGP2111.jpg

何棟もあります。バンガローと木々の感じがGOOD。この感じ、好きです。

 

受付棟に沢山のランプが下がっていたので、レンタルしてみることにしました。なんと灯油ランタンです。

事前に使い方を教わって、バンガロー内のフックに吊り下げてみました。明かりが柔らかく、無音(ガスランタンだとゴーーと音がすごい)で味わい深い照明です。

 

IMGP2105.jpg

我々が夕飯の準備をしていた時、通りすがりの他の宿泊者の方が、「今、菅沼がすごい綺麗ですよ!」と教えてくれたので

少し落ち着いたところで、菅沼へ。

 

IMGP2148.jpg

 

IMGP2122.jpg

沈んでいく太陽が水面に反射し、まるで太陽が2つあるよう

素敵な写真撮れました(^^)

 

ついでに沼周辺を散策します。

IMGP2149.jpg

 

IMGP2153.jpg

広々とした芝生を駆け巡る息子。

街中では、走らないで、手を繋いで、と何かと制約が多くなってしまいますが、ここではもっと伸び伸びと動けます。

市街地は何かと便利ですが、幼い子供にとっては、伸び伸びと動ける場所が育つ環境として相応しいのではないか、と見ていて感じます。

 

ここにはドッグランもありました。

IMGP2156.jpg

広々とした涼しい環境で動き回れるとしたら、犬も喜ぶことでしょう。

 

 

P7090558.jpg

炊事場も綺麗に整備されています。

 

少し変わっているのが洗面所です。

IMGP2161.jpg

一般住宅で使われるような洗面台が並んでいます。洗面所がわざわざ用意されているのも珍しいですが、給湯器まであるのは斬新です。

IMGP2162.jpg

 

夕飯のカレーを食べ、暗くなってきたのでそろそろバンガロー内へ。

IMGP2163.jpg

部屋に灯油ランタンのやわらかい光が広がります。

 

布団を敷いて、就寝。

子供もいつも以上に動き回ったため、よく寝ました。

 

菅沼キャンプ村は、整備の行き届いた心地よいキャンプ場でした。

標高が1730mで、夏でも夜はかなり涼しいです。避暑キャンプ地として良いかもしれません。

 

 

参考リンク

菅沼キャンプ村 http://www.sugenuma.com/

 

IMGP2177.jpg

 

御岳山から日の出山まで往復ハイキング

久々に家族で御岳山に行ってきました(^^)

ルートは、御岳山から関東ふれあいの道を通って日の出山まで往復する、ハイキングコースです。

 

screenshotshare_20170619_155121.jpg

 

朝7時頃の自宅を出発し、登山口のケーブルカー滝本駅の駐車場へ。

日曜日なので、駐車場に入れるか気になっていましたが、当日の天気予報が傘マークついていたためか、まだ空きがありました。

ケーブルカーに乗って、御岳山へ移動します。

御岳山ケーブルカー

P6180470.jpg

御岳山駅を下りて、しばらく舗装路を歩きます。

 

2歳の息子は、とにかくトレッキングポールを使って歩きたくて(いつも私が子連れ登山では使っていて、その様子を後ろからみているためかと)渡すものの、少しあぶなっかしいく、目が離せません。

P6180475.jpg

途中、急な下りでスピード出て止まれなくなり、転倒。。。

うまく転んでくれたので、擦り傷一つなかったが、危ない(^_^;)

2本は持ちは危険、傾斜道の歩行もまだ一人では難しいため、1本持たせて、空いた手は親と手を繋ぐよう伝えるも、自分で歩きたいらしく、何度もやり取りを繰り返す。

次第に疲れて、ベビーキャリアに乗ると、すぐに就寝。

P6180487.jpg

 

子供が寝て静かになって、白い花がたくさん咲いていることに気づきました。

 

コアジサイ

 

コアジサイ

見たことのない、可愛らしいお花でした。(調べたら、コアジサイという名前でした。)

 

ちょうど12時頃に日の出山の山頂に到着。

みんなでおにぎり頂きました♪

IMGP1986.jpg

大きなアリさんがいて、息子が「大丈夫?」と不安がってましたが、私の足をよじ登って歩いているアリの姿をみて「ぜんぜん大丈夫だよ」と伝えると、少し落ち着いて食事を取れるようになりました。

 

食後は、山頂の標識のまえで記念撮影して頂きました。

IMGP1994.jpg

睡眠&食後で息子は元気いっぱいです。

自分で歩くと言い、トレッキングポール欲しいというので、1本渡して、手を繋いで一緒に下りました。

幼い子供からすると、かなり段差の階段でも、なんなく下っていく姿に感心しました。

 

IMGP1996.jpg

息子は、日の出山山頂から御岳山までの大人で約1時間の道を、ほとんど歩いていきました。

 

御岳山駅までもう少しのところで、疲れてきたのか足が止まる頻度が多くなってきて、進まなくなってきたので、肩車してあるきました。

P6180498.jpg

いつもよりずっと高い視線で、最初は気に入らなかったようですが、徐々に慣れて、楽しくなったようです。

 

IMGP2001.jpg

最後はここで記念撮影。

ケーブルカーに乗って滝本駅まで下山しました。

 

■感想

大人なら往復2時間程度の道ですが、我々は倍の時間かかりました。

以前から「山に行きたい!」と息子が言っていたので、いっぱい歩いて満足できたかな、と思います。

いっぱい歩いて疲れたのか、帰りの車移動ではずっと寝ていました。

大人であればなんてこと無い道でも、幼子連れだと変化に富んで、充実した山行となりました。

 

■参考リンク

御岳山コース案内(ビジターセンター) http://mitakevc929.ec-net.jp/courseinfo.html#Anchor-6296

 

 

初めての大平山(栃木県)ー晃石山トレッキング

「栃木に大平山(おおひらさん)っていう、山があって、いいらしいよ」と妻が英語サークルで仕入れた情報を元に、行ってきました(^^)

大平山は関東平野の北部にある、標高341mの小さな山ですが、関東平野を見渡せます。

また、大平山神社は約2000年もの歴史があり、大平山は古くから信仰されていた山であったそうです。

 

太平山神社の歴史は『諸神座記』を始め多くの古文書によれば、垂仁天皇の御宇に大物主神(おおものぬしのかみ)・天目一大神(あめのまひとつのおおかみ)が三輪山(現在の太平山)に鎮座されたときに始まると云われております。今からおよそ二千年も前のことですが、太平山神社の周辺からは古い時代の祭祀遺跡・祭祀遺物が出土しており、太平山は非常に古くから信仰されていた山であったことが伺い知れます。

出典:大平山神社

 

 

歩行ルート:あじさい坂駐車場-大平山神社ー大平山山頂ー晃石神社ー晃石山山頂ー大中寺ーあじさい坂駐車場

20170619_134649.jpg

 

 

事前に駐車場はどこにあるか調べた結果、あじさい坂の駐車場に停めました。

大平山あじさい坂周辺駐車場

第一駐車場と第二駐車場があり、私は第二駐車場に停めてしまいましたが、第一駐車場の方が神社に少し近いです。

 

 

大平山神社

大平山神社の入り口です。

 

鳥居をくぐると、道の両脇はずーーーっとあじさいでした!

大平山神社 あじさい

まだ時期が早く、咲いているのは僅かでしたが、ここのあじさいは約2500株あるらしく、時期には多くの参拝客で賑わうようです。

 

大平山神社

石段を約1000段登ると、大平山神社が見えてきます。

参拝し、更に山頂を目指します。

 

 

大平山山頂 浅間神社

山頂には、浅間神社があります。

木々に囲まれ展望はありませんが、2羽の大きな蝶(アゲハチョウ?)が社の周辺を飛んでいていて、静寂と平安に満ちた神聖な場所でした。

 

山頂からどうしようか、と思っていたら、向かいに座っていた70代の男性とお話するうち、晃石山まで行こうと決まりました。

稜線は、アップダウンが続く登山道でした。

途中の展望の良い場所には、ベンチが置かれていました。

大平山と晃石山の登山道

しばらくここで休憩します。

IMGP1866.jpg

もっと、天気がよかったら遠くまで見えるのでしょう。

 

大平山山頂から歩くこと約1時間で晃石神社に到着です。

晃石神社

地元から信仰される神社、という感じした。

ここから、更に少し登ると晃石山山頂です。

晃石山山頂

ほぼ木々に囲まれてますが、木々の隙間から、少し見渡せます。

ここで折り返し、途中の分岐点へ。

分岐点

この場所から大中寺方面へ下山します。

IMGP1899.jpg

やがて大平山神社付近に到着。

昼食を食べたほうが良いかと思い、あづま家さんへ。

大平山 あづま家

大平山は、玉子焼きが名物らしく、ざるそばと玉子焼きをいただきました。

あづま家 そば&玉子焼き

登山後のそばは格別です(^^)

 

大平山は晃石山まで歩くと、なかなか歩きごたえあり、とても良い運動になりました。

6月にはあじさいが咲き誇るようなので、訪れるならその時期が良いかもしれませんね♪

 

■参考リンク

大平山ハイキング コース・MAP:http://tabi.tobu.co.jp/playing/hiking/shizen/ohirasan/

大平山神社:http://www.ohirasanjinja.rpr.jp/

 

約1ヶ月前のキャンプ終了後に「次はピザキャンプにしよう!」ということにで、今回ピザキャンプが開催されました☆

場所はいつもお世話になっている青根キャンプ場です。

 

IMGP1645.jpg

 

キャンプリーダーT氏が今回用意してくれたのは・・・

スノーピークのフィールドオーブンでピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

スノーピーク フィールドオーブンです♪

(ピザ窯ではなく、フィールドオーブンという名前なのは、グラタンなども作れるからと思われます)

 

スノーピークのフィールドオーブンでピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

早速、昨日自宅で仕込んできてピザ生地を伸ばして、チーズのせて、具をのせていきます。

ピザをのせている、陶板は直径36cmもあり、かなり大きなピザを作ることが可能です。

 

CS-390

準備ができたところで、フィールドオーブンにピザ投入です。

 

IMGP1659.jpg

 

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

陶板をハンドルでつかみ、ゆっくり挿入。

 

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

しばし、焼けるのを待ちます。

 

途中で何度も焼き加減をチェック。

 

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

約8分後、ピザが焼きあがりました☆

 

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

ピザカッターで切り分けて、みんなで口に運びます・・・うまい!

あまりの美味しさに感動☆

生地は素人作りで、ソースも出来合いのですが、不思議とピザ窯のあるイタリアンレストランのピザと引けを取りません。

やはり焼き立てだからでしょうか。

パリッパリで香ばしい♪

メーカーのキャッチコピー”家庭用オーブンレンジや炭では実現できない500度の高火力で本格的なピザを。アウトドアでの料理の幅がさらに広がります。”にも納得です。

 

このピザを食べてから、みんなの食欲も加速していきました。

どんどんピザを焼いてきます。

 

あまりのピザの美味しさに誘われて、途中でブルース・リー?が登場。

 

ブルース・リー?がピザを作って・・・

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

 

薪もくべてくれました。

 

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

 

 

 

ある程度食べた後、ピザ作りは休憩し、日が暮れたところで第2ラウンド再開です。

ヘッドライトの明かりを頼りにピザ作り。

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

 

予想以上に食が進み、生地が不足で、食材が大量にあまりそうなので、具を多めに盛ります。

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

 

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

 

ヘッドライトで焼き加減をチェック。

 

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

できあがりです☆

 

暗くなるとフィールドオーブンから漏れる薪の火が味わい深くなります。

ピザは香ばしく焼け、最高です☆

 

スノーピークのフィールドオーブンは3万円ほどしますが、できあがるピザは一級品です!

キャンプで本格的な美味しピザを食べたい方は、ぜひ試してみてください☆

 

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

 

注意点として、メーカーHP見ると、

ご利用には「焚火台L」「焚火台グリルブリッジL」「炭床Pro.L」「ファイヤーサイドグローブ」が必要となります。

と書かれています。

フィールドオーブン スノーピーク

炭床Pro.Lは薪なら無くてもでき、ファイヤーサイドグローブは別メーカーでも代用可ですが、焚火台Lと焚火台グリルブリッジLは必須になりますのでご注意ください。

以下、amazonの口コミ&実売価格です。(各商品に利用者の口コミが掲載されていますので、参考になるとおもいます)

 

スノーピークのフィールドオーブン(CS-390)でピザキャンプ♪香ばしく焼けて味は一級品

 

5月のゴールデンウィークに富士山を登ってきました☆

P5040150.jpg

夏以外の時期の富士登山は、遭難(怪我・死亡)が多発するため ”万全な準備をしない登山者の夏山期間以外の登山禁止” とガイドラインで公示されています。

今回は、ネイチャーガイドリスの残雪期のガイドツアーに参加しての登山でしたが、この日のためにトレーニングを重ねてきました。

ガイドの野中さんの的確なガイディングと恵まれた天候により、参加者全員怪我なく無事下山することができました。

 

 

P5040176.jpg

六合目を少し超えたところ

 

P5041605.jpg

新七合目

 

P5040242.jpg

八合目手前

 

P5041612.jpg

富士山南側は雲晴れ渡る

 

P5050318.jpg

山頂まで少し、傾斜強い

 

P5051819.jpg

富士宮ルート山頂の鳥居

 

P5050350.jpg

剣ヶ峰 石碑前で

 

天候に恵まれ、空は晴れ渡り、風も非常に穏やかでした。

山頂には静寂が広がっていて、時がゆっくりと進んでいるように感じました。

優秀なガイドさんの先導とこれ以上ない天候に恵まれ、無事登りきることができました。

詳しい登山記事はこちらにも記載しています。

 

参考URL

皆様、筑波山の薬王院コースをご存知でしょうか?薬王院コースは、筑波山の西側に連なる椎尾山の山頂付近にある椎尾山薬王院から筑波山までの登山ルートです。

筑波山 薬王院コース 登山ルート

椎尾山薬王院は1200年の歴史ある寺院です。

椎尾山薬王院は延暦元年(782)、最仙上人の開山であり、薬師如来を本尊とする天台宗の古刹であります。昔、上人が当山の椎ヶ洞に篭って、天下泰平国土安穏を祈念したところ、その修法の意が桓武天皇のもとに伝わり、勅命に依って寺院建立となりました。以来1200年、お薬師参りの信者に支えられ今日に至っております。当山では、本尊薬師如来が身心の苦痛を癒すことから病気平癒の祈願寺となっております。また、山内には薬師堂、三重塔、仁王門など江戸時代中期頃の建物が現存し、静かな信仰の山として法灯が守られています。

筑波山といえば、御幸ヶ原コース、白雲橋コース、おたつ石コースがメインルートで、多くの登山者で賑わっていますが、今回登った薬王院コースは登山者の少ないひっそりとしたルートでした。

登山口、駐車場、トイレ

登山口は、椎尾山薬王院で、奥に進むと登山道につながります。

駐車場は、薬王院の駐車場を利用してよいようです。

薬王院には、駐車場は2、3箇所? 25台駐車可能のようです。(出典:http://www.kankou-sakuragawa.jp/page/page000063.html

椎尾山薬王院 駐車場

私達は第三駐車場に停めました。(おそらくここが、薬王院の最も標高の高い駐車場)

 

トイレは薬王院の正門向かって左側にあります。

椎尾山薬王院 正門

 

椎尾山薬王院 トイレ

簡素なトイレです。私達が訪れた時はトイレットペーパー置いてありましたが、一応持参して行くとよいでしょう。

 

トイレを使わせて頂き、さっそく寄った後は、お寺を参拝しました。

正門から奥の階段から上を見上げると・・・

椎尾山薬王院 正面階段

「ん?何か見えるぞ、もしや???」

椎尾山薬王院 仏像

薬師如来像が迎えてくれました。合掌一礼します。

参拝後、妻が大きな釣鐘を発見。

 

椎尾山薬王院 梵鐘

境内にある重さ約1トンの大きな梵鐘はどなたでも打つことができます。この梵鐘は真壁町の伝統ある小田部鋳造で造られたものです。

釣鐘をよく見ると、”女人の厄払い祈る梵鐘”と刻まれています。

妻の後、私もゴーーーーンと釣鐘を優しく打ってみました。

P4280121.jpg

静かな環境で、大きな釣鐘を鳴らして、響きわたる余韻を聞き入ったのは初めてかもしれません。オオン、オオン、オオンと釣鐘から音の波動が波紋のように広がっていました。

 

それでは、山を登らせていただきます。

 

登山ルート

薬王院の本殿向かって右側へ進むと、墓地があり、さらに奥へ進むと登山道につながります。

 

IMGP1497.jpg

分岐点につくと、看板があり、筑波山山頂へ向かいます。

ここから先にはトイレありません。

 

しばらくは緩やかな斜面が続きます。

筑波山 薬王院コース

4月末の登山道には、ピンクの桜の花びらが広がっていました。

筑波山 薬王院コース

登り始めて約40分程度で、階段が始まります。

筑波山 薬王院コース

他のサイトによると、780段もあるそうです。(出典:http://hanabatake.webcrow.jp/top/yama/nikki/tb-yakuou.html

この階段の道は、約1時間も続きます。

筑波山 薬王院コース 階段

非常に長い階段ですが、よく整備されていて、段差も細かく女性でも難なく登れるようになっています。

山に登ると度々感じるのですが、山奥をこんなに丁寧に整備されていて、本当にありがたい。

重い木材を運んで、整備&補修されている方のことを考えると、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

筑波山 薬王院コース 階段

ようやく長い階段も終わり、緩やかた傾斜と山頂の自然が広がります。

山頂付近には、さまざまな花が咲いていました。

筑波山 薬王院コース

名前はわかりませんが、とても良い香りのするお花です。

 

筑波山 薬王院コース

とても緩やかな傾斜の道です。

 

途中から、筑波山自然研究路と合流します。

筑波山 自然研究路

 

ニリンソウがあちこちで、綺麗に咲いていました。

筑波山 薬王院コース ニリンソウ

 

P4280137.jpg

これはカタクリのお花です。

 

やがて御幸ヶ原に到着。食堂で昼食をとり、自然研究路を一周するように下山します。

途中、崩落により迂回します。

P4280141.jpg

迂回路を進むと、男体山山頂に到着。

筑波山 男体山山頂

参拝して、そのまま迂回路を進みます。

しばらく下ると、ニリンソウのお花畑が広がっていました。

筑波山 ニリンソウ 花畑

 

筑波山 ニリンソウ 花畑

山でお花畑を発見すると、お宝を発見したような気分になり、なんだか元気になってきます。

花が咲く時期は、おのおの限られています。偶然みられたことに感謝です。

 

ここからは、登ってきた道を黙々と下っていきます。

登るのには時間がかかっても、下るのはあっという間です。

 

椎尾山薬王院 第三駐車場 登山口

第三駐車場向かいの登山口に戻ってきました。

 

感想

今回、薬王院コースを初めて登りました。

筑波山の最長コースで、他のルートと違いケーブルカーやロープウェイでエスケープできないため、気負って登りました。登山を終えて、危険箇所が無く、健脚の方なら難なく登れるルートだと思います。

同じ筑波山でも、他のルートと比べて景観が地味で単調なため、まるで違う山を登っているように感じました。

登山者も少なく、自然と意識が内側に向かうため、”山岳修行の名残”というのも頷けます。

以下、分岐点の看板に書かれていた内容が素晴らしく、掲載してこの記事を終えようと思います。

 

■椎尾山口・筑波山頂参拝道 ※通称「薬王院コース」

椎尾山から筑波山頂への道は、古来より薬王院に存在していた山岳修行の名残であります。「修験道」に通じるその山道は、険しい自然の中で、自身の鍛錬修行により、心身ともに正常なることを目的としておりました。その為、ここより先に進む者は無事に山から帰れるよう、薬の仏である薬王院本尊「薬師如来」にお参りして登山の安全を願ったと伝わっております。今でも登山道には、古くは「参拝道」だったころの険しさや信仰されていた巨石などもみることができます。千年以上前から、神や仏のおわす山として人々に守られてきた筑波山が、これからも先に自然豊かな御山であるように、皆さまも慈悲のこころで歩かれますように願っております。

 

参考サイト

 

皆さん、登山用のアプリに何を使っていますか?

私は数年前まではガーミンのGPSを使っていました。その後壊してしまい、ある程度スマホで代用できる時代になったので、最近はスマホ片手に山を登っています。(スマホの機種は、”タフネス防水スマホ トルクG01”)

 

いつも使うアプリは「山と高原地図 for au」です。

auのスマートパス会員なら無料で使えます。

当初は「いつもわざわざ購入していた山と高原地図が使い放題だなんて!」と驚いたもんです。

もう、これがあれば道に迷うことはありません。

 

ただ、山と高原地図 は主に一般ルートを扱っているのと、詳細な地形図がよくわかりません。

そこで、地図ロイドと山旅ロガーも入れて、登山道でもない道を進むアイスクライミングではこちらを使っていました。

山と高原地図 for au、地図ロイドと山旅ロガーの3つのアプリでまわしていたのですが、最近、ジェオグラフィカというアプリの存在を知り解説を読むと

ジオグラフィカ(Geographica)は、オフライン環境でも使える『キャッシュ型オフラインGPSアプリ』です。一度表示した地図は自動でアプリ内に保存されます。携帯圏外の山奥でも海の真ん中でもスタンドアローンで動作し、地図表示とGPSナビゲーションを実現します。

と書かれていて「おぉこれは良さそうだ。是非試してみよう」ということに。

IMGP1455.jpg

さっそく、筑波山で使ってみることにしました。

 

screenshotshare_20170421_100100.jpg 

アプリを起動して登山開始です。

IMGP1468.jpg

IMGP1482.jpg

ジェオグラフィカは、現在の標高、歩行距離などを音声で知らせてくれる機能があります。気になって途中でOFFにしてしまいましたが、なかなか面白い機能ですね。

 

screenshotshare_20170421_105821.jpg

ジェオグラフィカは、地図ロイド&山旅ロガーの機能と重なる部分が多いですが、実際に使ってみるとジェオグラフィカの方が扱いやすいです。

 

 

今後は、山と高原地図 for au(トイレ、水場、テント場、小屋の場所が載っていて欠かせない) と ジェオグラフィカ が今後の主要な登山アプリになりそうです。 

 

■参考リンク

ジオグラフィカ(Geographica) http://geographica.biz/

 

 

 

キャンプのとき、友人がソト(SOTO) エアスタ ベース&ウイングセットを持ってきてくれました。

ソト(SOTO) エアスタ ベース&ウイング セット

最初そのことに気づかず、いつものスノーピークの焚火台だと思っていた(パット見で焚火台と似ていたので)のですが、あとで「SOTOから出た焚火台なんですよ」と言われて気づきました。

 

いつの間にSOTOが焚火台作ったことに驚きました。バーナーメーカーだけど、最近は随分と手広く展開してるんだな、と。

 

焚火台といえば、

  • スノーピークの焚火台
  • ユニフレームの焚火台

が有名ですが、果たしてSOTOの焚火台の実力はどうでしょうか。

夜が更けて、焚き火の時間がやってまいりました。

ソト(SOTO) 焚火台 エアスタ ベース&ウイングセット

タープの下、薪を燃やします。

 

ソト(SOTO) 焚火台 エアスタ ベース&ウイングセット

エアアシストスタートシステムの効果か、下の筒から空気が流入するため、綺麗に燃えます。

スノーピークの焚火台だと、焚き火の中心部はこもった感じ(おそらく酸素不足で)になりますが、SOTOの焚火台は気持ちよくゴーと燃えてる感じがしました。

 

ソト(SOTO) 焚火台 エアスタ ベース&ウイングセット

本当に気持ちよく燃えてました。

焚き火の中心部は温度が高いのか赤白い感じでした。

 

薪が良いのか、この焚火台の燃焼効率が良いのかわかりませんが、沢山あった薪もいつのまにか燃え尽きてしまいました。

薪を足すペースも早く感じられ、ゆっくり長く焚き火を楽しみたい方には、ちょっと忙しい?かもしれません。

 

メーカーの動画も掲載しておきます。

 

後発で販売されたソト(SOTO) エアスタ ベース&ウイングセットですが、スノーピークの焚火台とは違った特徴が感じられました。

 

これから焚火台を購入しようと検討されてるのでしたら、耐久性、汎用性(焚き火、BBQ)、収納サイズのことを考えると、スノーピークの焚火台Lサイズ(S,Mは焚き火するには小さい)が手堅いと思います。

amazonでは、価格の手頃なユニフレームのファイアグリルが人気で高評価のようです。

ソト(SOTO) エアスタ ベース&ウイングセット メーカーHP

 

1泊2泊でキャンプしてきました☆

なんと今回もT氏が面白いテント?タープ?を持ってきてくれました。

その名は、スノーピークのラウンジシェル☆

スノーピーク ラウンジシェル

写真の手前がスノーピークのラウンジシェルです。

仲間3人で説明書片手に組み立てました。

メーカーのホームページを見ると、テントでもなくタープでもなく、シェルターというカテゴリに入るようです。

 

このラウンジシェルの特徴は、何と言っても・・・

スノーピーク ラウンジシェル

購入にあたっては誓約書へのご署名ならびに弊社指定講習の受講が必要なことです 笑

ラウンジシェル専用のテーブルと、グリルを入れて過ごせるのですが、炭火から排出される一酸化炭素を排出する独特な構造になっています。

使い方を誤ると危険なため、指定講習の受講と誓約書の署名が求められる、という少し変わった幕体です。

 

スノーピーク ラウンジシェル

天井には大型ベンチレーションがあり、一酸化炭素が排出されるようになっています。

 

ラウンジシェルオールインワン

誤ってコンロに足が行かないように、テーブルの足を囲むように、フロアスカートが付いたりと様々な工夫が施されています。

 

スノーピーク ラウンジシェル

日暮れが近づくに連れ、タープからラウンジシェル内に移動して過ごしたのですが、思いのほか寒い・・・

捉え方を変えると、よく換気されているとも言えます。

4月のキャンプですので、防寒着を着込みました。

 

翌日は雨でした。

スノーピーク ラウンジシェル

風はほとんどなかったので、ラウンジシェル内に浸水はありませんが、横殴りの雨とかだと上部のベンチレーションから雨が入り込んでくるかも、と思いました。

 

 

取扱販売店や詳しい構造などはメーカーのホームページに記載されています。

・スノーピーク ラウンジシェルオールインワン (4SET) https://store.snowpeak.co.jp/page/23

 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集