シュラフカバーの寿命

シュラフカバーの寿命

シュラフカバーの寿命がどのくらいか気になりますよね。

防水透湿性の素材(ゴアテックスなど)を使用しているシュラフカバーなら1万円以上になりますし。

寿命は使用頻度やメンテナンス状況で大きく変わるため、残念ながらはっきりしたことはいえません。。。

ゴアテックスに関して言えば、メーカー側から

 

「ゴアテックスの寿命の目安は約5年」

 

といわれています。

 

とは言うものの、まだ買って3年だから大丈夫、6年前に買ったからもうだめ、というわけではないです。

「それじゃ、どうやって寿命なのかまだ使えるのか判断したらいいの?」

ということになるので、これは寿命では?と判断できるような具体的な症状を書いておきますね♪

 

◆この症状がでたら寿命の可能性大とおもわれる症状

1、ナイロンの生地に防水透湿性素材を接着(ラミネート)が剥離して、表面がボコボコになる

2、シームテープが剥離している。

3、撥水を回復する処理をしても、撥水性能が回復しない。

4、引っかいて生地が裂けた。

 

1、ナイロンの生地に防水透湿性素材を接着(ラミネート)が剥離して、表面がボコボコになる

 

前にお客様で、

「10年前くらいに買ったゴアテックスのシュラフカバーがあるんだ。ところどころ生地が膨らんでるんだけど、まだ使えるかな?」

と話されたかたがいました。

 

結論をいうと、ところどころ生地が膨らんだシュラフカバーは寿命で使うべきではありません。

 

ゴアテックスなどは、ナイロンの生地に防水透湿性素材を接着(ラミネート)しています。

古くなってくるとナイロンの生地と防水透湿性素材が剥離して、表面がボコボコと浮いてくるのです。

こうなると、非常に薄い防水透湿性素材が浮いている状態のため、とても傷つきやすくなっています。

そのため、穴が開いたり、裂けたりしやすくなり安心して使えなくなります。

この状態になると買い替えることをオススメします。

 

2、シームテープが剥離している。

生地と生地の縫い目からの浸水を防ぐためシームテープが張られています。

これが剥離してくると、縫い目から浸水してきます。

ある程度であれば、専用の接着剤(ハイパロンなど)で対処することが可能です。

 

3、撥水を回復する処理をしても、撥水性能が回復しない。

使用頻度が多い場合は、この状態になります。

こうなるともう寿命です。

撥水性能がなくなると、表面がぬれたときに透湿効果を阻害してしまうので蒸れます。

防水性能は残っているので浸水はしませんが、快適に寝たい方は、買い換えましょう!

 

4、引っかいて生地が裂けた。

ある程度の穴であれば、リペアシートで補修できることができます。

 

結局、シュラフカバーは、レインウェアと同様に消耗品です♪

上記のような状態になったら、寝袋(シュラフ)で安心して寝るためにも買い換えましょう!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集