GORE-TEX(ゴアテックス)

ゴアテックス(GORE-TEX)は永久保障 実録

ちまたに溢れるゴアテックス商品。

ゴアテックス社が永久保障しているのは、わかった。。。

でも、実際の対応はどうなのかが気になります。

 

とっても参考になる記事を見つけましたので、転載しておきます。

転載元の記事 ⇒ http://www.meiseik.com/Work_Diary/work_log_20060213.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆様ご存知のゴアテックス。

バイクに乗る時はもちろん、釣の用具でも大変にお世話になっています。

このゴアテックス、『水蒸気は通すけど水は通さない』、つまり、『蒸れない濡れない』という機能を永久保証しています。

新しい物好きの私はゴア製品をたくさん持ってます。

The North Face のマウンテンパーカ。
まだその製品が日本では5万~7万円という値段で販売されていた13~4年前、当事良く購入していたアメリカのREIから$380で輸入してキャンプの時にはいつも着ていました。

やっぱゴアだよ!、雨が降っても平気だよ~・・・ アレ?

あっけなく濡れてしまいました(TT)

同じく同時期、バイクに乗るときに雨が降ってもブーツカバーが必要無い!ようにと思って買ったSIDI ASOLOのトレッキングシューズ。 ハイカットで、カッパを着ても靴だけはそのままでOK!・・・
でも、初めての雨でアッサリと浸水(TT)

仕方なく、ゴアのトレッキングシューズの内側に、これまたREIで買ったゴアのソックスを履いて雨の中で走ったことがありました。
*ただ、このゴアソックスは完璧でした!靴の中は浸水でグチュグチュなのに、足はと~~~~~っても快適でした。このアイテムは今でも欲しい逸品です。

『ゴアテックスと言っても濡れる時は濡れるしなぁ・・・』

そういう経験もあって最近は国産のメーカーでもある、類似の機能を持った素材を使用して、値段も安価な製品を買って使ったりしてました。
釣り用のウェーダーも今のヤツはそれです。


少し前になりますが、お客さんから聞いた情報を元に、日本ゴアテックス社へこれらのゴア製品を送りました。

理由は『ゴアテックスなのに水が漏るから検査をお願いします』 です。

ゴア社の対応は・

スゴイ!です。

13年以上も前に購入し、とことん使い込んだボロいマウンテンパーカ、同じくとことん使い込んで靴底も磨り減ってしまったトレッキングシューズ、

その両者について、『ゴアテックスに漏水があった』 という理由で購入時の金額、全額を払い戻してくれるそうです!

また、同じ理由で送った某ラ○&○ー○゛社製のゴアツーリングジャケット上下。これについても漏水検査を行ってくれました。

そしてその結果は、ゴアテックス製品には不可欠の縫い目のシールテープが一部貼られていなかった!そうです。

なぁにぃ~!上下で10万円近くもしたのにぃ!(怒)

これは絶対にメーカーに一言申さねば気が済まない! そっちへ送りつけてやる!   と思ったのですが、

ゴア社の方で 『シールテープの貼り付けを行って、クリーニングをした後、撥水加工を施してお返しします』ということ・

後日届いたウェア類はきれいにクリーニングされ、手で触って解る撥水加工が施されていました。
また同封の説明書にはキズがあった部分の補修、シールテープの張替えを行ったと記載してありました。

恐れ入りました。

CSとはこういうことを言うんだなあと思い知りました。

バイクはどうなんだろう??? とも思いました。

ドイツではとんでもなく古い車輌の部品を、今でもメーカーが、造ってでも!供給していると聞きました。

『そんなことやってたら喰っていけないんだよ!』的な貧しい、悲しい、日本の体質を感じました。

変わりつつあるようですけどね・・・・ほんの一部では。

 

まぁ、ラ社の高価な用品はもう買えないと思いました、高価なモノを売っている自覚が無いようですから。

 

ただ儲けたいが為に、こういった名前の通った素材を使ったり、関わったというだけで有名な個人や会社の名前を金で買ったりして、必死にメジャー感を出そうとしている製品や売主は相変わらず多いです。

雑誌に出たからすごい!、TVに取り上げられたからすごい!

知らない人はそれだけで信者になってしまいますよね~・・・・悲しいかな私自身もそう言った部分はあります。

でも、

本当に良い物とそうでない物はちょっとづつ解るようになってきました。

『これからもゴアテックスを買いたい』と思った一件でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私もラフ&ロー〇のゴアテックスグローブを以前買いましたが、買ってすぐの雨の日に浸水しました。

 

それにしても、これが本当なら、『ゴアテックスしか買えなくなる』かも。。。

ゴアテックス(GORE-TEX)は永久保障!? part3

ゴアテックス社のホームページに、保障に関しての明記がありましたので転載しておきます。

http://www.gore-tex.jp/support/register/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すべてのゴアテックス®プロダクト(製品)には、黒いタグが付いています。
これは、高機能素材ゴアテックス®ファブリクスが、厳しい品質基準によってつくられたものであることを保証するもの。「GUARANTEED TO KEEP YOU DRY™」とは「ウェアの外側の水分が内側に入りカラダを濡らすことは決してないことを保証します」という意味です。

万が一、ゴアテックス®プロダクトの防水性や透湿性、防風性に問題があるときは、その状況に応じて交換、修理、返金などの対応をさせていただきます。
お買い上げいただいた販売店または弊社カスタマーサービスセンターへご相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ゴアテックス(GORE-TEX)は永久保障!? part2

ゴアテックスの寿命について書かれている記事を発見しました!

 

記事の内容はかなり専門的ですが、ゴアテックスの劣化などについて疑問に感じている方には参考になるとおもいます。

結論をまとめると、

--------------------------------------------------

・ゴアテックスは通常の使用状態では、変質しない

・ゴアテックスの生地の寿命は、表面・裏面のナイロンの寿命

--------------------------------------------------

 

以下、転載です。

参照記事 ⇒ http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2009/09/30/4607253

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 本職は樹脂成形の物理なので、多少、樹脂の知識が有ります。ただし、化学的性質は専門外です。
 そういうわけで、一般の人よりも、樹脂の知識があるので、以下、簡単に、ゴアテックスについて、一般的な説明をします。ただし、樹脂の化学は素人なので、誤りがあるかもしれません。誤りがあるならば、ご指摘願います。

 現在使われているほとんどすべてのゴアテックスレインウエアーは、3層構造になっています。
 このうち、中央の層が防水透湿の性能を持っています。中央の層、ゴアテックスメンブレン(ゴアテックス膜)は、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)(四フッ化エチレン樹脂)の薄い多孔質フィルムで、孔の大きさは水蒸気分子の700倍、水滴の5000分の1以下であるため、水蒸気を通して、水滴を通さない性質があります。(ゴアテックスメンブレンの孔の大きさを200nm、水蒸気分子の大きさを0.3nm、水滴の大きさを1mmとして計算しました。)
 表面と裏面の層は、通常ナイロン繊維が使われます。この層には防水性は有りません。強度を保つため、着心地を確保するため、着色のため等、衣類としての性能維持のための層です。
 
 PTFEは炭素の直鎖に、炭素1個あたり2個のフッ素が結合した構造になっています。炭素とフッ素の結合エネルギーが高いため、PTFEはもっとも化学的に安定した樹脂で、耐熱性・耐薬品性・耐寒性・対光性等にすぐれています通常の使用状態では、変質しません。熔融アルカリ金属、放射線曝露等の特殊環境では変質します。
 ゴアテックスメンブレンはPTFEなので、通常の使用状態では、変質しないと思われます。

 表面と裏面に使われているナイロンとは、ポリアミド合成繊維のことで、{CO-(CH2)5-NH}n の構造の6ナイロンと、
{CO-(CH2)4-CO-NH-(CH2)6-NH}n の構造の66ナイロンが有ります。どちらも、似たような性質です。
 ナイロンは吸水性が大きい樹脂で、吸水すると、強度が低下しますが、ある一定の低下に止まるようで、このため、ナイロンは漁具をはじめとして、水濡れする場所でも問題なく使われています。ただし、吸水したナイロンを凍結した場合、脆化する可能性があります。
 また、ピュアーなナイロンは紫外線で劣化します。このため、耐紫外線性能を附加するため、紫外線吸収剤を添加することも有ります。

 ナイロン繊維は、日常幅広く使われていますが、PTFEに比べると、劣化しやすい樹脂です。
 10年たっていないのに、ゴアテックスの表面がぼろぼろになることが有ります。これは、表面のナイロン層の劣化です。ナイロン層にはもともと防水効果は無いので、表面がぼろぼろになっても、防水性能が失われるわけではないのですが、防水層のゴアテックスメンブレンは薄いので破れやすく、ナイロンが劣化した場合、使用は避けるべきです。

 ゴアテックスの生地の寿命は、表面・裏面のナイロンの寿命です。実際に何年使えるのか予測することは、使用状態の他に、どのようなナイロンを使って作られているのか、と言うことも関係しているので、難しいところです。
 ゴアテックスのスパッツの表面がボロボロになったことがあります。スパッツは吸水後凍結するし、雪山で強い紫外線を浴びるので、ナイロンにとっては、厳しい使用環境です。
 ゴアテックスのレインウエアは10年くらい使っても平気なような気がしているのですが、いかがでしょう。


ちょっとおまけ。
 ゴアテックスは汗を通して、水を通さないと思っている人もいるようですが、そんなことは有りません。気体の水(水蒸気)を通して、液体の水を通さない性質があります。かいた汗が水になってしまったら通しません。
 このため、速乾性の無い下着を着用したために、汗が垂れるようになってきたら、ゴアテックスはお手上げです。


おまけ、その2。
 ゴアテックスメンブレンの微細孔径は200nm程度ですが、精密濾過フィルターに使用する多孔質PTFEには、もっと小さな孔径のものもあります。住友電工の広報誌(2008年12月号)によると、住友電工ファインポリマー(株)は、微細孔径化に適した新しい多孔質化プロセスを独自開発し、30nmの微粒子を捕捉可能な「微細孔径ポリテトラフルオロエチレン膜」の量産化に成功したそうです。


おまけ、その3
 ゴアテックスの迷信として『油がつくと防水効果がなくなる』『海水で防水効果がなくなる』との噂が有りますが、誤りです。
 表面が油膜で覆われても、防水効果に変わりありませんが、透湿効果がなくなるので、汗で内部が濡れることが有り、漏水したような誤解を受けることが有ります。油や海水で表面が汚れると、透湿性が低下するので、良く洗濯する必要があります。
 また、『ゴアテックスは霧を通す』との誤解も有ります。
 霧の粒子の大きさは10μm~100μm、あるいはそれ以上です。ゴアテックスの孔径0.2μmに比べて、霧の粒子は大きいので、侵入することはありません。ただし、霧の時は、空中湿度は100%近いので、汗はほとんど乾かず、汗で内部が濡れることが有ります。


おまけ、その4
 ナイロンには6ナイロン、66ナイロンの他にもいくつもの種類があります。歯ブラシの毛は12ナイロンが多く使われます。耐水性があって、水をつけても硬さがあまり変わらない特徴があります。人口毛髪はベースは6あるいは66ナイロンで、剛性を与えるため芳香族ナイロンを混ぜています。

ゴアテックス(GORE-TEX)は永久保障!?

先ほど色々調べていたら、こんな書き込みを見つけました。

----------------------------------------------------

ところでゴアテックスは永久保障ということをご存知ですか?
透湿性や防水性が落ちるとどんな古いものでもゴアテックス社に送ると
判定の結果、漏れが等があるとそのグレードの同等品と交換してくれると
店員さんから聞いたことがあります。

----------------------------------------------------

 

永久保障。すごいですよね。

 

そして、こんな書き込みもありました。

----------------------------------------------------

●ゴアテックス社の保障
http://blog.555nat.com/?eid=657595
>しかし、「ジャパンゴアテックス」社の保証対象だったらしく、
>修理のできない場合は”同等商品と交換”。
>現行のゴアテックス素材代替製品を送っていただいた。
>ゴアテックスの性能が100%発揮されなければ、
>ゴアテックス社のギャランティ(保証)の対象であるらしい。
>こんなプライドある保証内容ならば、少々高価なゴアテックス製品を
>購入しても損はないかもしれない。
 
●ジャパンゴアテックス
http://oshiete1.watch.impress.co.jp/qa4429646.html
>ゴアテックスの場合、不良としては表生地から剥離してケロイド状に
>ブクブクになってしまう事がありますが、これは素材を供給する
>「ジャパンゴアテックス」から保証が受けられるので、
>メーカーが保証を渋ってもジャパンゴアテックスがクレームを認めれば
>保証を受けられます。

 

アウトドア用品を購入する参考にしてください!

GORE-TEX(ゴアテックス)

アウトドアどころか、いまや一般の人まで知っている名前のGORE-TEX(ゴアテックス)

私が知る限り最強の防水透湿性素材です。

◆GORE-TEX(ゴアテックス)とは

PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)フィルムを特殊延伸加工して作られるフィルムとポリウレタンポリマーを複合化した極薄フィルム。

1平方センチメートルに約14億個の微細な孔(0.2ミクロン)を含む「水蒸気を通し、雨風を通さない」という今のところ最強の防水透湿性素材です。

レインウェアやシュラフカバーやテントなどのアウトドア用品に限らず、工業用品や人工血管などお医療の分野でも使われているという実績ある素材です。

まあ、平たく言うと

「防水素材はゴアテックスを選べば間違いなし!」

ということですね♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集