化学繊維とダウンのどっちがいいの?

化学繊維の寝袋がおすすめ

化学繊維の寝袋がおすすめです

 

化学繊維の寝袋は、値段が手ごろでメンテナンスも楽です。

 

できるだけ荷物を小さく軽くしたい方はマミー型の寝袋を、自宅の布団のようにゆったり寝たい方は封筒型の寝袋を選ぶとよいと思います。

 寝袋の形 良いところ  いまいちなところ
封筒型
封筒型の寝袋
•普段使用する布団に近い
•寝ているときの圧迫感があまりない
•価格が安いものが多い
•家族単位で使うには便利

•重量が重い
•収納時に大きい
•寒冷地には不向き(体との密着度が弱いため)

マミー型封筒型の寝袋 •コンパクトに収納できる
•重量が軽い
•寒冷地に向いている(体との密着度が強いため)
 •寝ているときの圧迫感が少しある

 

※寝袋選びの注意点

多くの寝袋メーカーが公表している最低使用温度で寝袋を使うと確実に寒くてまともに寝れません寝袋を選ぶときには快適使用温度を基準に選びましょう!それでは、快適使用温度で暖かく寝れるのかというとそうとも言い切れません。体感温度には個人差があるので・・・。特に女性やご年配の方は冷え性の方が多いですし。基本的に寝袋を選ぶときには保温能力に3~5℃くらい余裕を持たせることを強烈におすすめします。(実際に使用する場所の最低気温が5℃くらいの場合は、快適使用温度が0~2℃くらいの寝袋を用意するということです。)

 

★ゆったり寝れる封筒型寝袋

 

快適睡眠温度

重さ 収納サイズ おすすめ度 気になる実売価格 コメント

キャンパーズコレクション レギュラーバッグ

快適睡眠温度:???

予想20℃~

 1000g  ???  Amazon

・とにかく安い!

・でも、保温力があまり無いようなので、真夏の低地限定で使用するなら大丈夫かも。。。

 

コールマン スリーピングバッグクラッシック/15

 

快適睡眠温度:約15℃~

1900g

直径24.5×45cm

★★★

Amazon

・値段が手ごろです

・夏のファミリーキャンプに最適です

・化繊なのでメンテナンスが楽です

・ストレッチによる開放感があります。

 

コールマン スリーピングバッグクラシック/10

 

快適睡眠温度:約10℃~

2700g

直径30×48cm

★★★

Amazon

・値段が手ごろです

お得な枕付き

・夏前後の時期にもつかえてファミリーキャンプに最適です

・化繊なのでメンテナンスが楽です

安心してキャンプを楽しむならコールマンを選択するのがベストと思います。コールマンは老舗のアウトドアブランドにふさわしく、作りがある程度しっかりしています。

インターネットではかなり値引きされていますので、家族人数分を購入する場合でも出費がかなり抑えられます

 

★小さくコンパクトに収納できるマミー型寝袋

 

快適睡眠温度

重さ 収納サイズ おすすめ度 気になる実売価格 コメント

 

モンベル スーパースパイラルバロウバッグ♯5

 

快適睡眠温度:約6℃~

900g

φ16×32cm

★★★

Amazon

・化繊なのでメンテナンスが楽です

・10℃以上の使用に向いてます。(6℃で使うと寒いと思います)

・ストレッチによる開放感があります。

 

イスカ アルファライト500

 

快適睡眠温度:約10℃~

1,080g

φ18×37cm

★★

Amazon

・化繊なのでメンテナンスが楽です

・10℃以上の使用に向いてます。

※イスカは”快適使用温度”を公表していません。イスカのHPに従い「快適使用温度」を公表している最低使用温度におおむね5~10℃をプラスしています。(詳細

マミー型の寝袋の特徴は、なんといっても封筒型に比べて収納時にコンパクトかつ軽くなることです。

できるだけ荷物を小さくしたい方には、マミー型の寝袋がおすすめです。

  

 

化学繊維とダウン・・・寝袋(シュラフ)の中綿を比較

寝袋(シュラフ)の中身は大きく分けて2種類あります。

 

1つは化学繊維、もうひとつはダウンです。

 

おすすめのモンベルの寝袋でいうと、

 

☆化学繊維(エクセロフト)

sleepingbag_exceloft.JPGのサムネール画像

〇良いところ

・普通に洗濯できる

・濡れに強い

・ダウンに比べ値段が安い(約半額)

・収納状態で保管できる

 

×いまいちなところ

・ダウンに比べて重い(約2倍)

・ダウンに比べて大きい(約1.5倍以上)

 

☆ダウン

sleepingbag_down.JPG

〇良いところ

・化学繊維に比べて軽い(約半分)

・収納状態で化学繊維に比べて小さい(約0.6倍以下)

・寝たときにふかふか感がある

 

×いまいちなところ

・洗濯に専用洗剤が必要

・濡れに弱い(濡れると膨らまない)

・化学繊維に比べて値段が高い(約2倍)

・自宅での保管時にある程度ダウンを膨らます必要がある

 (購入時についてくる巾着袋に入れるなど)

・保管状態が悪いとダウンにカビ生える

 

ということです。

 

用途で考えると、

 

☆こんな使い方をする方には、ダウンの寝袋がオススメ!

・バックパッカーとして旅行する人

・登山でテントや山小屋に泊まる人

・自転車旅行をする人

・バイク旅行をする人

・ダウンのふかふか感が好きな人

 

☆こんな使い方をする方には、ダウンの化学繊維がオススメ!

・スキーやスノーボードへ行く際に、車の中で寝る人

・とにかく購入費用を抑えたい人

・車で移動するキャンプ旅行など、積載量にあまり制限がない人

 

寝袋(シュラフ)は1度購入するとあまり買い換えたりしないです。

ぜひ、自分の使い方にあった寝袋を用意してください(^^)

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集