車中泊を快適に過ごすポイント

車中泊を快適に過ごすポイント

旅先での仮眠やスキー&スノーボードを楽しむ前の車中泊は欠かせません。

車中泊を快適に過ごすには、しっかりとした準備が必要です。

 

寝袋とマットがあれば、とっても車中泊を快適に過ごすことができます(^-^)

夏などの暖かい時期は毛布などで代用することができますが、春や秋や冬などの保温力が必要になってくる時期は寝袋とマットが大活躍します。

特に冬に毛布や布団で快適に寝ようとするとかなりの量の布団を車内に持ち込むことになり・・・

・車に毛布積み込むのもとてもかさばる

・隙間ができるので思いのほか寒い

・結局寒くて寝れない

ということになります。

 

昔、友人達とスノーボードに行った時の話です。

深夜に車で出発して、スキー場近くの駐車場で車中泊をしてからスノーボードを楽しむという計画でした。

意気揚々と出発して、数時間後にスキー場近くの駐車場で車中泊しました。

駐車場に着いて、エンジン切って、全身スノーボードのウェアを着た状態で毛布にくるまり、車の背もたれを倒して仮眠をとることに。

おそらく車の外の気温は氷点下10℃くらい。

最初は、車内が暖かかったものの、エンジンを切ったためにものすごい勢いで車内の気温が低下

さっ寒い。。。

毛布にくるまったものの、どうしても隙間ができるためにぜんぜん体が温まらない

あまりの寒さにまともに寝れない状態が数時間続きました。

そんな状態で数時間後に出発時間になり、頭がボーっとしてスノーボードで遊ぶ前に疲れてしまいました

寒い時期の車中泊には毛布はおすすめできません

その点、寝袋(シュラフ)であれば、非常にコンパクトに持ち運びできるだけでなく、体全身をくるんでくれるので非常に快適です。

 

車中泊するときの寝袋・シュラフ選びの基本

エンジンを切ってからは、車内は外の気温に近づいていきます。

夏であれば暑くなり、冬であれば寒くなります。

車中泊するときの寝袋・シュラフ選びの基本は、

------------------------------------------------

予想される外気温に合わせた保温力の寝袋を用意する

------------------------------------------------

ことです。

夏であれば、車内が暑くなるので保温力をあまり必要としません。

春や秋、冬であれば外気温は寒いので、それに合わせた保温力の寝袋が必要になってきます。

☆寝袋の形による特徴

 寝袋の形 良いところ  いまいちなところ
封筒型
封筒型の寝袋
•普段使用する布団に近い
•寝ているときの圧迫感があまりない
•価格が安いものが多い
•家族単位で使うには便利

•重量が重い
•収納時に大きい
•寒冷地には不向き(体との密着度が弱いため)

マミー型封筒型の寝袋 •コンパクトに収納できる
•重量が軽い
寒い時期に向いている(体との密着度が強いため)
 •寝ているときの圧迫感が少しある

 

☆中綿の材料の特徴

中綿の種類 良いところ  いまいちなところ
化学繊維
sleepingbag_exceloft.JPGのサムネール画像

•普通に洗濯できる
•濡れに強い
•ダウンに比べ値段が安い(約半額)
•収納状態で保管できる

•ダウンに比べて重い(約2倍)
•ダウンに比べて大きい(約1.5倍以上)

ダウン
sleepingbag_down.JPG

•化学繊維に比べて軽い(約半分)
•収納状態で化学繊維に比べて小さい
(約0.6倍以下)
•寝たときにふかふか感がある

•洗濯に専用洗剤が必要
•濡れに弱い(濡れると膨らまない)
•化学繊維に比べて値段が高い(約2倍)
•自宅での保管時にある程度ダウンを膨らます
 必要がある
 (購入時についてくる巾着袋に入れるなど)
•保管状態が悪いとダウンにカビ生える

 

個人的には、車中泊ようの寝袋(シュラフ)は、

・夏は封筒型の化繊の寝袋

・春、秋、冬はマミー型の化繊の寝袋 

がおすすめです。

 

大手のショッピングモールでは激安価格でたくさんの寝袋が販売されているので、要チェックです!

特にアウトレット商品は破格の価格で販売されています。(実店舗で買った人は後悔するので見ないほうがいいかも・・・)

◎ 速報!寝袋・シュラフの人気ランキング!
├ Amazon(あったか冬用)[注目度:★★★無料配送多数]
├ ナチュラム(あったか冬用の封筒型) icon[注目度:★★★]
├ ナチュラム(あったか冬用のマミー型) icon[注目度:★★★]
└ 楽天(あったか冬用)[注目度:★★]

車内のシートを倒してフラットにして寝袋で寝る場合はマットがある方が快適に寝れます。

フラットにした部分はさほどクッション性がないので、何も敷かないと体の骨があたったりして多少痛いです。

安い銀マットでもよいので、何かしら敷くことをおすすめします。

◎ マットの売れ筋ランキング!
├ Amazon[注目度:★★★無料配送多数]
└ ナチュラム icon[注目度:★★★]

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集