通販で購入するときの注意点と選び方

コールマンの寝袋を通販で買うときの注意点

  • 投稿日:2011年6月26日
  • 更新日:2012年12月12日
  • カテゴリ:

夏のキャンプ場で必ず見かけるコールマン。

テントやランタン、寝袋や椅子など、ありとあらゆるアウトドア用品を低価格で取り扱っています。

 

コールマンの寝袋を買うときの注意点は、コールマンは低価格であるものの、ほとんどの寝袋の中綿として化学繊維をしようしているため、収納が大きく、しかも重量も重いという点です。

そのため、積載量の限られるような登山、バイクツーリング、自転車旅行、バックバーカーなどにはあまり向かないといえます。

 

その反面、低価格であることもあり、たくさんの荷物を載せることの出来る車移動のオートキャンプ、ファミリーキャンプには最適です。

コールマンの封筒型の寝袋の生地には、コットン(綿)を何%か織り込んだものが多く、夏場の寝汗を吸ってくれるので寝心地はとても快適です。(逆にナイロン・ポリエステル100%の生地のものは、気温の高い夏につかうと汗を吸わないのでベタベタ肌にはりつきます。汗をかきやすい夏は、コットン生地の寝袋がおすすめです。)

特に、封筒型のコールマンの寝袋はラインナップが豊富。

使う時期に合わせた最適な保温力の寝袋を低価格で購入することが出来ます。

これからオートキャンプ、ファミリーキャンプを始める方には、低価格で高品質なコールマンの寝袋はおすすめです!

コールマンの寝袋 売れ筋ランキング (Amazonは送料無料で値引きが大きくとにかく安いです。)

 

 

通販で寝袋・シュラフを購入するときの注意点

寝袋・シュラフを通販で購入する前に、寝袋の形による特徴(良いところ・いまいちなところ)を確認しましょう。

 

☆寝袋の形による特徴

 寝袋の形 良いところ  いまいちなところ
封筒型
封筒型の寝袋
•普段使用する布団に近い
•寝ているときの圧迫感があまりない
•価格が安いものが多い
•家族単位で使うには便利

•重量が重い
•収納時に大きい
•寒冷地には不向き(体との密着度が弱いため)

マミー型封筒型の寝袋 •コンパクトに収納できる
•重量が軽い
•寒冷地に向いている(体との密着度が強いため)
 •寝ているときの圧迫感が少しある

 

封筒型、マミー型それぞれの良さがあるので、用途に合わせて寝袋を選んぶとよいと思いますよ(^^)

 

ただ、忘れてはならないのは寝袋を選ぶときに最も大切なのは、使用目的にあった保温力があるかどうかです。

最低気温が5℃のところでキャンプするのに、保温力が10℃の寝袋をもっていくと寒くてねれなくなるかも。。。

 

いろいろあってよくわからない場合は、それぞれの大手ネットショップの人気寝袋ランキングをチェックして参考にしてみるといいかもしれません。

だいたい売れている寝袋は値引率が高いお買い得商品が多いですからね♪

◎ 寝袋・シュラフの人気ランキング!
├  Amazon 寝袋・シュラフの人気ランキング
├  ナチュラム(封筒型)  寝袋・シュラフの人気ランキング
├  ナチュラム(マミー型) 寝袋・シュラフの人気ランキング icon

└  楽天 寝袋・シュラフの人気ランキング

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集