エクスペド(EXPED)

キャンプ向け極厚、高断熱マット のEXPED MEGAMAT(エクスペド メガマット) 10LXW に寝てみました(^^)

 

友人たちと一緒に道志の久保キャンプ場に行ったときのこと。

161019kubocamp018.jpg

アウトドア関連の仕事をしている友人が車から取り出した荷物の中に、収納サイズがかなり大きな荷物があり「何それ?」と聞いたところ、

「すごいマットレスを持ってきた」というので、見せてもらいました☆

 

エクスペドのメガマットという製品で、さっそく広げて膨らましてみました。

EXPED MEGAMAT(エクスペド メガマット) 10LXW -48℃ R値 9.5

かなり大きく、マット自体も10cmと厚いため、小さなエアポンプで膨らませるのは、一人では疲れるので、みんなで交代しながら膨らましました。

 

youtubeに解説動画があったので掲載しておきます。

 

そして、膨らました状態がこれです。

EXPED MEGAMAT(エクスペド メガマット) 10LXW -48℃ R値 9.5

 

<メーカーカタログより>
 
● 柔らかい素材と、余裕のある幅と厚みにより非常に快適
● 暖かいフォームパッド入り
● 自動膨張式
● MiniPumpが付属
● 高い耐久性
● 5年保証
 
素材(トップ):50Dトリコットナイロン、TPUポリエステルフィルムラミネート、耐加水分解、ハニカムエンボス
素材(ボトム):75Dポリエステル、TPUポリエステルフィルムラミネート、耐加水分解
素材(中 綿):16 kg/m opencell PU foam, Oekotex 100-certified
 
 
寸法: 197 × 77 × 10 cm 
重量: 2540 g
収納サイズ: 79 × 25 cm
R値: 9.5
Temp.: -48℃
価格: ¥28,000 + 税
 

かなり大きいインフレーティングマットです。マット内にはフォームパッドが入っています。

 

EXPED MEGAMAT(エクスペド メガマット) 10LXW -48℃ R値 9.5

厚さは10cmもあります。エアだけのマットでは、もっと厚いものがありますが、フォーム入りでこの厚さは、かなり厚い部類に入ります。

 

それでは早速寝てみます。

 

寝心地は極上

EXPED MEGAMAT(エクスペド メガマット) 10LXW -48℃ R値 9.5

一言でいうと ”極上の寝心地” です。

表面がガサガサせず、しっとりしています。

厚みも十分あり、体の背面が上質な何かに優しく包まれている感じです。

 

友人曰く「自宅でもこのマットレスで寝ている」とのこと。

確かに、このクオリティなら、市販の布団用マットレスと比較しても全く遜色ありません。

硬さは空気の入れ具合で調節でき、パンパンに入れるより、少し緩めに入れる方が寝心地が良いと言っていました。

 

 

EXPED MEGAMAT(エクスペド メガマット) 10LXW -48℃ R値 9.5

さっそく、冬期用の寝袋を広げて寝てみました。

マットの横幅77cmと広く、少し寝返りしても、落ちません。

マットが良いというより、マットの存在を忘れるようなマット、という感じです。

 

残念なところ

寝心地は極上なのですが、空気を膨らませるポンプが小さすぎます。数え切れないくらいポンピングしなければなりません。

 

また、空気の注入口と排気口があるのですが、注入口には逆止弁がついているため、フォームパッドがある程度膨らんで膨張力が弱くなっていくると弁に何か入れておかないと自動膨張しません。

EXPED MEGAMAT(エクスペド メガマット) 10LXW -48℃ R値 9.5

排気口もたしか逆止弁があり、何か弁に挟んでおかないと排気作業が面倒でした。

その為、空気を入れて膨らませるのも、空気を抜いて収納するのも、手間と慣れが必要になります。

 

総評

収納サイズも大きく重量が2540 gもあるため、キャンプ向けのインフレーティングマットです。

膨らませるのと、空気を抜くのに手間がかかるため、毎日これをするのは気が引けます。どちらかというと、同じ場所に数泊するようなキャンプ向きです。

 

マットは10cmも厚みもあり、たて197cm、横77cmもあるため、余裕をもって寝れます。 

EXPED MEGAMAT(エクスペド メガマット) 10LXW -48℃ R値 9.5

断熱力は-48℃まで使用可です。日本国内でそんな最低気温いくのは冷凍庫ぐらいだと思うので、季節を問わず余裕をもって暖かく過ごせるとおもいます。

 

価格は約3万円と高額ですが、5年保証もついてますので、年中キャンプする方や同じ場所に何泊もする方には良いかもしれません。

○「エクスペド メガマット 10LXW」 の購入者レビューと実売価格

メーカーHPはこちら

 

スイスのアウトドアブランド、EXPED(エクスペド)のDOWNMAT LITE 5(ダウンマットライト)を購入して、何度か使用したので、レポート書きます(^-^)

 

EXPED DOWNMAT LITE 5

 

背景

数年前から登山雑誌で、ダウン入りのエアマットがエクスペドというメーカーから発売されたことを聞いて、超興味ありました!

なぜなら、登山用品におけるダウンは軽量、コンパクト、高断熱の代名詞!

 

しかーーーーし、エアマットは衣類と違って中身を洗えません。

ダウンは乾燥していれば、高い断熱力を発揮しますが、濡れてしまうと保温力が低下します。

呼吸でマットを膨らませると、マット内に湿気が大量に入ります。

ダウンの羽の先のファサファサが濡れで密着してしまい、空気をとどめることが困難になってしまうからです。

 

それと、ダウンは偏りやすい。

ダウンジャケットを見ればわかるとおもいますが、ほぼ必ずキルトやボックス構造でダウンが移動しないように区分けされています。

ダウンをマットの中に入れるとなると、当然ダウンの偏り対策が必須になってきます。

 

以上の、濡れ対策や偏り対策が必須となるダウンのエアマットってどうなんだろう、興味あるけどうーーん、と思ってました。

 

購入した理由

 

で、今年の8月に兄弟で大雪山に行くことになって、マットがもう一つ必要になりました。

急遽、秀岳荘白石店へ。

さすが、北海道最大級のアウトドアショップ!

東京のアウトドアショップに負けないくらい品揃えがすばらしい♪

 

マット売り場に移動して、いろんなメーカーのマットを物色。

まあ、低価格でありとあらゆる面で耐久力のあるリッジレストソーライトにしようかとも思ったのですが、

なんか面白くないなーっておもって、エアマットを購入することにしました。

 

で、どのエアマットにするか1時間以上も散々迷った挙句、EXPED DOWNMAT LITE 5 M にしたのでした!

 

EXPED DOWNMAT LITE 5 Mの特長

 

基本的なスペックは以下のとおりです(^-^)

 

 

 

 

EXPED DOWNMAT LITE 5

 

 

Size : 長さ183cm 、幅52cm 、 厚さ5 cm

R-Value(熱抵抗値): 4.1 、-12℃まで対応

重さ:645g

 

実は、EXPEDで出している化繊入りのエアマットとどちらにしようか最後の最後まで迷ったのですが、

最終的にダウンにしました。

理由は、少し軽いから。

あと、ダウンマットってアイデアが斬新だから

です(^-^)

 

雪山ではエアマットは穴開くリスクを埋めきれないので使用しません

このマットは無積雪期に使えればとおもって購入しました。

無積雪といっても、紅葉の時期ともなれば、普通に氷点下まで気温落ちますので、やはり氷点下対応がいいとおもいました。

カタログ値は-12℃対応みたいなので、紅葉シーズンはせいぜいー5℃程度なので、十分かと思います。

 

実際に使用した感想

8月の北海道の大雪山で5泊ぐらい使いました。

 

EXPED DOWNMAT LITE 5

 

 

EXPED DOWNMAT LITE 5

 

 

収納袋の中にはポンプが入っています。

EXPED DOWNMAT LITE 5

 

 

EXPED DOWNMAT LITE 5

 

このポンプをエアマット本体に接続し、ひたすらポンピング!

 

どんな感じでやるかは、EXPEDの動画をご覧ください(^-^)v

 

実際に使ってみて

なんとなく勢いで買ってみたけど、かなりいい!

  • エアマットには珍しく、空気入れるところがエアが戻らないようになっている(浮き輪も空気が戻らないのと同じ)ため、パンパンに空気入れれる!
  • (逆に、その他のメーカーのエアマットは空気を口付けて入れて、口を離すと空気がプシューっと戻るため、口付けて圧力かけながらバルブを閉める・・・という慣れが必要)

という、予想外の良い買い物と判明(笑

 

ただ、ダウンの偏りについては、中がまったく見えないので何ともいえませんし、

(もちろん対策しているようですが)

断熱力についても、夏の大雪山ではこのマットの限界値が見えてきませんでした。

 

私も、いろんなメーカーのマットを触ってきていますが、これ、けっこういいんじゃない!?

と感じています!

 

マットの厚みが5cmもあるので、当然、下のデコボコをまったく感じません。

しかも、パンパンに空気入れられるのでクッション性もかなり高い!

兄も「これ寝心地いいねー」といってました(笑

 

そういえば書き忘れましたが、もちろん、穴空いたとき用のパッチ3枚とノリ1本がちゃんと付属してます。

 

これからも雪山以外で積極的に使っていきますので、また何かあれば追記しますね!

 

こんな人におすすめ!

  • バルブから息を吹き込んで空気入れるのに飽きた方・・・疲れた方
  • 新しいもの好きな方
  • ダウンマットという斬新な商品に手を出してみたい方
  • 無積雪期はコンパクトなエアマットがいい!という方

 

このマット以外にもラインナップありますよ!

⇒ EXPEDマット一覧(Amazon)

 

これからも雪山以外で積極的に使っていきますので、また何かあれば追記しますね!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集