タケモ(takemo)

タケモという2015年7月に設立されたメーカーをご存知でしょうか?国内登山用寝袋メーカーにて30年勤務した武本さんが”本物と呼べる良いものをより安く!”をポリシーに設立した寝袋シュラフのメーカーです。

takemo.png

https://www.k-takemo.com/

当サイトは寝袋専門の情報サイトということもあり、2015年末に武本さんから相互リンク依頼のメールが着たのがきっかけで、私も存在を知りました。

その後、サンプル品をぜひ試してもらえないか、と依頼があり、実際に使ってみたので使用体験談を踏まえて、タケモの紹介をしたいと思います。

 

実際に雪山で厳冬期モデルを使ってみました

いきなりですが、使用体験談から掲載したいとおもいます。

ちょうど武本さんからメールを頂いたのが、これから雪山という時期だったため、厳冬期対応モデルのタケモ スリーピングバッグ9をサンプル提供していただき、実際に2016年の1月と2月の厳冬期の八ヶ岳登山で使ってみました。

タケモ スリーピングバッグ9を使ってみました。

結論から書くと、さすが国内登山用寝袋メーカーで長年勤務されていただけあって、そのエッセンスを大いに引き継いだ完成度の寝袋でした。

私はここ数年はモンベルの厳冬期用寝袋を使用したため、ストレッチしない他社の寝袋を使うと窮屈に感じるのではないか、と思っていましたが、実際にタケモ スリーピングバッグ9を使ってみると、広くもなく、狭くもない、必要以上のコールドスポット(冷えの原因となる隙間)が発生しない体を優しく包み込むような絶妙なフィット感に感心させられました。

実際に2つ雪山持っていって、比較しましたが、モンベルのような伸びはなく、そのままあぐらかくのも難しいですが、遊びが無い分、寝袋に入ってすぐに暖かいと感じました。

P1090357.jpg

特に気に入ったのは、スリーピングバッグ9は、足裏のダウン封入量が非常に多く、ダウンの膨らもうとする力でパンパンになるくらい入っているのですが、それが素晴らしいと感じました。

タケモ スリーピングバッグ9 足先

どの寝袋メーカーも、”冷えやすい足先はダウンを増やしています”とカタログには書かれていますが、実際の封入量はメーカー間でかなりばらつきがあります。実際にテントで寝ると、寝る人の身長にもよりますが、寝袋の足裏部分のダウンは、テントの生地と足裏に挟まれてに潰されることとが多々あります。そうなる理由としては、山では平坦な場所といっても緩やかに傾斜していることが多く、頭を山側に(高い位置)にもっていくため、寝ていると下っている側(つまり足側)に徐々にずれ落ちること、また、頭側にテントの生地が近いと視覚的に圧迫感があり、テントの生地が風でバタつくのと距離置くため、頭側は余裕を開けて、足側に詰めがちになるためです。

足裏のダウンが押しつぶされると、当然断熱力が低下しますから、足裏が冷えやすくなってきます。ところが、タケモのスリーピングバッグ9は、足裏のダウンが膨らみきれないくらいダウンがパンパンに入っていて、多少足元に体がずれ落ちてきても、テントの生地をそのまま外側に押してしまうため、足裏がほとんど冷えない構造になっていることがわかりました。これは素晴らしい!

 

その後1年間、耐久性を試すためキャンプ等で何度もこの寝袋を使い続けましたが、羽抜けはほどんど無く、さすがの一言です。(ただし、まだ洗濯は1度もしていませんので、洗濯耐久性は未確認です)

この寝袋は、タケモのホームページに記載されているように

昨今の登山用品は素材、機能の進化それに掛かる宣伝費などにより益々、高価格になっています。
Takemoでは登山用寝袋として最低限ではなく、必要十分以上の素材と品質、構造にこだわりながら、インターネット販売に限定することで徹底的にコストを削減し低価格を実現しました。
個人事業ではありますが大企業に負けない最高品質の寝袋をお届けいたします。

を体現した、非常にコストパフォーマンスに優れた厳冬期用寝袋でした。

 

素材

タケモの寝袋を一言で表現すると「高いコストパフォーマン」です。

性能の割に、価格が手頃になっています。

生地

タケモの寝袋の表地裏地には20デニールのポリエステル リップストップが採用されています。(デニール:合成繊維の太さを表す単位で、数字が小さいほど繊維が細くなり、生地も薄く軽くなる反面、強度は下がる。 リップストップ:格子状に強度の高い糸を配する織り方。かぎ裂き傷ができたとき格子の部分が傷を広がるのを防ぐ。登山用品のウェア等の生地にも広く採用されている織り方。)

モンベルの最軽量モデルのダウンハガー900シリーズは8デニール、ダウンハガー800シリーズは10デニール、ダウンハガー650シリーズは40デニールのナイロンが使われています。

それに比較すると、20デニールという太さは、最軽量ではありませんが、軽量な部類に入るかと思います。

 

撥水加工

タケモの寝袋に使われている生地は、すべて撥水加工になっています。撥水耐久性は表記がありませんのでわかりません。

現在、他メーカーの山岳用のほとんどの寝袋の生地は撥水加工がされています。

 

ダウンの品質

750FPオーバーのホワイトダックダウンを使用しています。(FPとは:フィルパワーと読み、ダウンが持つロフト・かさ高の復元力を数値で表したものです。数値が高いほど高品質になります。)

他メーカーの寝袋のハイエンドモデルのほとんどは800FP、価格を抑えた汎用モデルは700FP~650FPを採用しています。

また、グースダウンとダックダウンでは、グースダウンの方がダウンボールが大きく、かさ高に優れていると言われていて、ドレープ性(体に滑らかにフィットする性質)、保温性、耐久性も優れているため、価格も高くなります。

そこで、低価格と高性能を実現するため、タケモでは750FPオーバーのホワイトダックダウンを採用していると思われます。

 

以上の素材から個人的見解を述べると、タケモの寝袋は、価格が高くなりがちな最新の最高素材をあえて使わず、他社に比べて購入しやすい価格を維持しながらも高品質を実現できる材料を採用しているのが伺えます。

 

ラインアップ

タケモのラインアップは、1シリーズのみですが、夏山から厳冬期登山まで対応しています。

  • スリーピングバッグ 2
     (ダウン量:200g、総重量:500g、最低使用温度:8℃、)
  • スリーピングバッグ 3
     (ダウン量:300g、総重量:700g、最低使用温度:2℃)
  • スリーピングバッグ 5
     (ダウン量:500g、総重量:930g、最低使用温度:-6℃)
  • スリーピングバッグ 7
     (ダウン量:700g、総重量:1150g、最低使用温度:-15℃)
  • スリーピングバッグ 9
     (ダウン量:900g、総重量:1420g、最低使用温度:-25℃)
  • スリーピングバッグ 11
     (ダウン量:1100g、総重量:1630g、最低使用温度:-30℃)

見ての通り、商品名にはダウン量の数字が採用されているようです。

温度表記に関しては、日本でも最近普及してきているヨーロッパ規格EN13537は採用されていません。

表示されている最低使用温度は、使用できる限界の温度でその温度で使うと寒くてまともに寝れません。

武本さんが元勤めていた会社の表記から考えても、快適使用温度は、表示温度におおむね5~10℃をプラスした温度と考えられます。

 

価格と返品保証

私が実際に手にとって見させていただいたタケモの寝袋はスリーピングバッグ 9 と スリーピングバッグ 11 に関しては、使われている素材、作りの割に販売価格が抑えられていて、総合的にコストパフォーマンに優れていると感じます。

ネット限定販売のため、実店舗での実物確認はできませんが、安心返品保証で不安を解消しています。

< Takemo(タケモ)の製品を安心してご購入していただくために! >
ネット通販での購入には現物が確認できないという不安がつきものです。
Takemoではご安心頂ける物造りを心がけていますが、ご購入後、万が一、商品が思っていたものと違い、ご満足いただけなかった場合、商品到着後、1週間以内であれば未使用のものに限り返品可能です。
商品代金を全額、返金致します。
但し、返品にかかる送料はお客様のご負担でお願いいたします。
 
当ショップでご購入の場合は商品が到着後1週間以内にお問い合わせページのお問い合わせホームより返品の旨ご連絡ください。
速やかに対応させていただきます。
返品の商品が到着後、3営業日以内に全額、お客様の指定口座に振り込みさせていただきます。
 
Amazonでご購入頂いた場合は商品到着後1週間以内にAmazonのアカウントサービスより返品リクエストしてください。
Amazonの返品システムにより速やかに処理させていただきます。
当社よりの直接の返金は出来ませんのでご了承お願いいたします。
 

 

タケモの寝袋は、タケモのホームページとamazonで販売しているようですが、なぜかamazonの方が安く販売されています。

決済システムも安心できますし、amazonでの購入がおすすめです。

 

以下、スリーピングバッグ 9 のamazonのカスタマーレビューですが、非常に高い評価となっています。

コスパ良し!快適!(2016年1月16日):冬季のキャンプ用に購入。ISUKAのエア810EX購入寸前でこの商品を見つけ、HPで調べると元ISUKAの社員さんが立ち上げた新興メーカーの商品。良い物を安くというコンセプトで作られているということで、その気概をかって購入。 
構造はISUKAと同じく、肩の部分と顔周りにドローコードがあり、肩から下は常にポカポカ、顔はどうしても外気に触れるので寒いですが、ドローコードで口だけ出せば余裕で眠れました。零下のキャンプではいつも寒くて眠れませんでしたが、オーバースペックもありかなり快適に眠ることができました。 それまではモンベルのダウンハガー#3(リミット0度)で震えていましたが、今回-5度のキャンプでは、上半身下半身薄手の下着と上着2枚ずつで暑いくらいでした。ただしシュラフに入る時点で足がかなり冷たくなっていたので、最初は寒いかなと思っていたのですが、結果的には夜中に暑さで目覚めることに。ドローコードを緩めました。 面倒くさがりなので、シュラフカバーをしなかったのですが、朝起きたらテント内が結露、口周りはビショニショなりましたが、濡れてしまうほどではありませんでした。シュラフカバー併用が推奨となっていますので、今後はきちんとカバーをして使用します。
 強いてマイナスポイントを挙げるとすれば、モンベルのダウンハガーに比べ狭いです。あちらは自由度の高さがウリですから当たり前かもしれませんが、体勢を変えるときにちょっと気になりました。 キャンプをしていて寒さで眠れないとか、寝ていて寒さがしみ込んできて起きてしまうというのは苦痛です。かといって5万円超のシュラフをどれだけ使うのかというのも悩みどころ。
安くはないですがレベルの高い商品を、この値段で買えるというのは、まさに「良いものを安く」だと思います。スペック的にもエア810EXとそん色ありませんし、重量もこのスペックならこんなものでしょう。いつか雪中キャンプと思っているので、徐々にハードルを上げていって、このシュラフで乗り切りたいと思っています。
 
 
コスパ良し(2016年5月8日):裁縫の丁寧さや形の良さ最高です。収納サイズは大きいですがしかたないですね。雪山の使用で悪天候にもかかわらず心強い味方でした。
 
買って損なし(2016年12月24日):ここまでのスペックでこの値段は素晴らしいシュラフだと思います。I社やN社よりは知名度は低いが買って損はないと思う。

 

タケモは個人事業で運営しているため、生産数もそれほど多くないようで、頻繁に在庫がなくなってしまうようです。

以下amazonのリンクです。在庫状況、購入者レビュー、実売価格を確認できます。

 

個人的経験から、無積雪期用にスリーピングバッグ5、雪山登山用にスリーピングバッグ9の2つあれば、夏から冬までの登山を広くカバーできると思うので、参考にしみてください。

■参考リンク

寝袋 の店 Takemo (タケモ) https://www.k-takemo.com/

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

寝袋の無料診断

◎ 特集