寝袋の無料診断

タグ「リッジレスト」が付けられているもの

サーマレスト リッジレスト ソーライト(RidgeRest SOLite)の実際に使用した感想を書きたいと思います。

私はアルミ蒸着なしのリッジレストと新しくアルミ蒸着されたリッジレスト ソーライトを使っています。

 

サーマレスト リッジレスト ソーライト thermarest RidgeRest SOLite

 


まず、このマットは本当に最高にいい!

私は、厳冬期の登山、夏や秋の登山、ファミリーキャンプ、バイクツーリング、車中泊などとにかく寝袋の下に敷くマットとして使用シーンに関わらず愛用しています。

 

サーマレスト リッジレスト ソーライト thermarest RidgeRest SOLite

 

リッジレスト ソーライトをオススメな理由

このマットの素晴らしいところは、その断熱力の高さ、軽さ、丈夫さ、値段の安さ すべてです。


まず最初にこのマットのデメリットをあげると、収納時の大きさにあります。

エアマットと違いマットを小さく、コンパクトに持ち運べません。

残念ながら、それはエアマットには勝てません。。。

 

すごい断熱力

このマットの素晴らしいところは、まず断熱力の高さです。

私はこのマットを実際に気温-14度くらいの厳冬期の八ヶ岳で美しい星空を眺めながら、雪の上に敷いて冬用の寝袋にくるまりながら使ったことがあります。(ソーライトになる前のものでですが)

 

サーマレスト リッジレスト ソーライト thermarest RidgeRest SOLite

 

 

 

夜に星空が綺麗で、テントを抜け出して、雪の上にマットを敷いて寝ました(^^) 厳冬期の冬山の夜空はプラネタリウム!

 

八ヶ岳で厳冬期テント泊in赤岳鉱泉

その後の早朝、寒すぎてシュラフカバーにビッシリ凍った霜が付着

その時に感じたのが、「少し底冷えするな~」程度です。

気温マイナス14度の雪原で使用してその程度なのですから、非常に断熱力が高いです。

もちろん、このような使い方をする人はあまりいないとは思いますが、非常に高い断熱力は冬期登山はもちろんのこと、夏期登山やキャンプなどいろいろな場面で安心して使えます。

 

しかも軽い

このマットだからというわけではありませんが、エアマットと比較して約さ3分の2程度の重量です。

スモールサイズ 51x122cm 重量 260g  

レギュラーサイズ 51x183cm 重量 400g

です。

非常に軽く、長時間持ち運ぶような用途には最適です。

しかも丈夫

まず、このマットにはエアマットに付きまとうパンクのリスクがありません
エアマットでありがちな、寝てる間に徐々に空気が抜けて、朝起きるとぺちゃんこにつぶれていた・・・なんて心配はないのです!

特に冬山や数泊の登山などリスクの高い時に使うマットとして最適です。

あと、芝生だろうが、岩場だろうが、安心して敷ける手軽さもすごい魅力です。

IMGP5600.jpg

 

使い方いろいろ

エアマットほどの柔らかさはありませんが、車中泊など屋内使用でも大活躍します(^^)

車中泊とマット

 

サーマレスト リッジレスト ソーライトまとめ

・いまいちなところ

  • 収納が小さくならない
  • 寝心地が少し固い

 

・素晴らしいところ

  • 下が雪でも冷たくないくらい断熱力がめちゃ高い!
  • 重さが軽い!
  • 値段が安い!
  • どこでも雑に使い倒せる!
  • 何より、数々のキャンパー、登山のエキスパートが使用し、愛され続けている実績がある

 

マットの大きさは、

スモールサイズ 51x122cm 重量 260g  

レギュラーサイズ 51x183cm 重量 400g

ラージサイズ 63x196cm 重量 540g

の3つあります。

 

スモールサイズは軽量化したい登山者に向いています。

ラージサイズは横幅が63と大きすぎて、キャンプ用といった感じです。

が、私もそうですが基本的にレギュラーサイズがおすすめです。

理由はしっかりと全身をのせることができるということと、もし長ければ簡単にはさみで切断できるからです。

登山はもちろんのこと、車中泊やキャンプなど幅広く使うことができます。

 

■追伸

他のメーカーで似たようなマットを販売していますが、似て非なるものです。

実際にさわるとわかるのですが、実際の質感や気泡の小ささは、このマットが上です。

もちろん、値段の安さでそれを選ぶ方もいるとおもいますが、このマットも十分安く、あえてリスクを抱えてチャレンジするのもどうかな~と思います。

こういうものは一度買うとそれなりに長く使うものです。

どうせ買うなら、安くていいもの選びたくはないですか?

サーマレストのリッジレスト ソーライトの実売価格と口コミ ⇒ Amazon(通常配送無料で結局安い!)

 

登山 リッジレスト

冬期登山はおっ、重い(^_^;)

 

 

新商品リッジレスト ソーライト!

私も愛用するリッジレストが今年から新しくなりました。

その名もリッジレスト ソーライト

具体的に変わった点は

・表面にアルミ蒸着加工を施して、重量の増加なしで暖かさをアップ(R値 2.6 → 2.8)

・低温下の使用にも耐えられどこでも快適な眠りを得られるとのこと。

・重量は以前とまったく変わらない。

 

リッジレストといえば、登山家から登山愛好者、バイクツーリングやキャンプまで非常に多くの人たちに愛されているマットです。

リニューアルされて、きっと昨年以上にリッジレストが多くの方々に支持されることでしょう。

私自身が実際に購入し、使用してきた感想はこちらに書いています。

このマットがオススメ

先日、大学の登山部に所属している人から聞いた話です。

その方は、かなりの頻度で冬登山をしているのです。

 

「どんなマットを使っているのですか?」とたずねたところ

「 サーマレストのリッジレスト ソーライト(レギュラー) をつかっています。

冬登山でもぜんぜんあったかいですよ。しかも、めちゃめちゃ丈夫だし。

あと、とにかく安いし

コンパクトに収納できるエア式に比べてとてもかさばるので、ザックの外にくくり付けてます。

エア式もいいんですけど値段が1万円前後するし、パンクのリスクがありますからね。

かさばるのことに目をつむれば、冬山でも全然問題ないです。」

と言っていました。

 

この商品のことは、素晴らしいことは前から知ってましたが、、冬山で使えるくらい断熱力が優秀なんだと感心しました。

リッジレストには、

長さ約180cmのレギュラーサイズ

長さ約120cmのスモールサイズ

の2種類があります。

車移動のキャンプなどで使用するには、レギュラーサイズで良いと思うのですが、

登山など、積載する容量が限られていてできるだけ荷物を小さくしたい場合は、レギュラーサイズはちょっと長いですね。

 

だいたい、日本人が登山で使用するマットの長さは

男性(身長が170cmぐらい)用のマット : 約150cm

女性(身長が155cmぐらい)用のマット : 約120cm

が基準です。

 

登山の場合は手持ちのザックや衣類を枕として使うことが多いです。

その枕がだいたい30cmぐらいになるので、

男性の場合 : マット150cm + 枕(ザックや衣類)30cm = 180cm

女性の場合 : マット120cm + 枕(ザックや衣類)30cm = 150cm

となり、だいたい体がおさまります

 

リッジレストのレギュラーサイズを登山用として使う場合は、そのままでもいいのですが20~30cmくらいハサミで切ってあげるとより軽くなり容量も抑えらます。

実際にこのリッジレスト ソーライトを使った感想はこちらに書いています。